YouTubeチャンネル「Sho-Time Golf(ショータイムゴルフ)」に出演したプロゴルファーたちが、その後相次いで優勝したり活躍している、と話題になっている。Sho-Time Golfを運営するショータこと尾崎翔太さんに真相を直撃した!

「Sho-TimeGolf」は登録者数11.1万人と大人気YouTubeチャンネル。ラウンド動画などが人気だが、スペシャルゲストとして招かれたプロゴルファーとショータさんとの対決企画も人気。

そんなスペシャルゲストとして呼ばれたプロゴルファーたちを調べてみると、先週の「ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ byサトウ食品」で優勝した片岡尚之はつい先月の今年4月に出演。少し遡ると、2019年3月に出演した浅地洋佑はその年の5月に初優勝。

出演直後ではないが、2019年4月に出演した香妻陣一朗は翌年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で初優勝を挙げている。

女子プロに目をやると、稲見萌寧は仲がいい高橋彩華と2020年3月に出演。稲見は同年に2勝目を挙げ、今年はすでに4勝。高橋は優勝こそないものの、何度も優勝争いをするほどの活躍ぶり。

こんなことが続いたことから、誰が呼んだか「優勝請負チャンネル」と呼ばれるようになったようだ。「自分たちも『優勝請負チャンネルだ』と思っていますね(笑)」と、ショータさんは冗談混じりに語る。

それにしても出演者が豪華だが、一体どのように出演オファーをしているのだろうか?

「基本的には知り合いのプロや友達の友達にオファーしています。先週優勝した片岡くんは、以前から出演してもらっている笹村心くんと昔から仲がいいということでオファーしたという経緯ですね」

稲見と高橋が出演するようになったきっかけが面白い。「こちらからオファーしたのではなくて、稲見さんのお父様が僕たちのチャンネルのファンで、お父様のほうからオファーを頂いたんです」とまさかの“逆オファー”だったそうだ。

とくに片岡、浅地が出演直後に初優勝をつかんだのが印象的だが、ズバリその要因はなんなのか聞くと、「わからないです」と笑うショータさん。その要因は不明だが、「Sho-TimeGolf」に出演したプロゴルファーは活躍する……そのジンクスは続くのか、引き続き注目していきたい。