海外男子メジャーの全米オープンゴルフ選手権は20日、ニューヨーク州のウィングドフットゴルフコースで最終ラウンドが行われ、4位タイから出た松山英樹は1バーディ、7ボギー、1ダブルボギーの「78」と苦戦。通算8オーバー17位タイで4日間を終えた。

―今日のラウンドを振り返って

 何も良いところが無かったです。

―4日間を戦い抜いた感想は?

 疲れました。

―11月のマスターズまでに数試合ありますが、今後は?

 この難しいコースでも3日目の途中までは凄く良いショットが打てていたと思うので、それを4日間繋げられるようにしたいです。

 昨日の残り数ホールでおかしくなったようなショットを、ここまで悪くなってしまう原因もあると思うので、それを修正する力をつけて、あとはパッティングが上手くできれば優勝するチャンスも増えてくると思います。

(修正が必要な)その少しが何かは分からないですが、しっかりと頑張りたいと思います。