ビー・エム・ダブリューは4月23日、2023年に開始した燃料電池実験車両「BMW iX5 ハイドロジェン」の日本における公道での実証実験を、2024年も引き続き実施すると発表した。

BMW iX5 ハイドロジェン
BMW iX5 ハイドロジェン

 BMW iX5 ハイドロジェンは、BMW X5をベースにした燃料電池車。燃料として水素を充填し、水素エネルギーにより発電した電気を電池に蓄え、電気によりモーターを駆動させることで走行する。

 燃料電池車は、新たなるパワートレインの1つとして注目を浴びている車両であり、BMWグループは、2011年よりトヨタと燃料電池車の基礎研究を共同で行なっている。

 水素を燃料とする燃料電池車は、燃料の充填に時間を掛けずに、長距離走行可能となることが最大の特徴の1つで、BMW iX5 ハイドロジェンの場合、燃料である水素が、空の状態から約3分程度の充電で、約500kmの走行を可能とする。

 2023年の実証実験では、公道での走行を中心に実施。さらに、東京都内での走行にとどまらず、水素エネルギーに注力している福岡県と大阪府での実証実験を実施した。昨年取得したデータはすべて本国の開発チームに共有され、今後の車両開発に反映される予定だという。

 そのため、BMWグループは日本での実証実験を2024年も引き続き継続する方針を固めた。

 2024年の実証実験は、官公庁や行政機関、大学を訪問し、各方面の専門家の視点から製品に対するフィードバックをもらうと共に、一般の公道試乗も予定されている。

BMW 公式HP:
https://www.bmw.co.jp/ja/index.html

https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/testdrive/206945/
https://www.goo-net.com/newcar/BMW__X5/

著者:グーネットマガジン編集部