マルチパスウェイワークショップ イメージ

 スバル、トヨタ、マツダの3社は5月28日、「マルチパスウェイワークショップ」を開催。各社のCEOが、カーボンニュートラル実現に向けて電動化に適合する新たなエンジン開発に取り組んでいくことを“三社三様”で宣言した。

 3社は商品づくりの分野で競争しながらも、マルチパスウェイでのカーボンニュートラルの実現という同じ志の下、エンジンへの想いや技能を持つ仲間とともに日本の自動車産業の未来を共創していくという。

(左から)株式会社SUBARU 代表取締役社長 CEO 大崎 篤、取締役専務執行役員 CTO 藤貫 哲郎、トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 CEO 佐藤 恒治、取締役・副社長 CTO 中嶋 裕樹、マツダ株式会社 代表取締役社長 CEO 毛籠 勝弘、取締役専務執行役員 CTO 廣瀬 一郎
(左から)株式会社SUBARU 代表取締役社長 CEO 大崎 篤、取締役専務執行役員 CTO 藤貫 哲郎、トヨタ自動車株式会社 代表取締役社長 CEO 佐藤 恒治、取締役・副社長 CTO 中嶋 裕樹、マツダ株式会社 代表取締役社長 CEO 毛籠 勝弘、取締役専務執行役員 CTO 廣瀬 一郎

 3社はこれまで、「水平対向エンジン」(スバル)、「直列4気筒エンジン」(トヨタ)、「ロータリーエンジン」(マツダ)と、各ブランドを象徴する個性的なエンジン開発を通じて、クルマユーザーの多様なライフスタイルの実現の一助を担ってきた。

 また、カーボンニュートラル実現に向けて、レースという極限状態の場に、液体水素エンジン車やCN燃料を搭載した車両で参戦するなど、パワートレーンや燃料の選択肢を広げる活動を進めてきた。

 その活動の中で、次世代のエンジンの方向性が明確化。新たなエンジンでは、モーターやバッテリーなどの電動ユニットとの最適な組み合わせを目指すとともに、エンジンの小型化によるクルマのパッケージ革新、多様なカーボンニュートラル燃料(CN燃料)に対応する事で内燃機関でのカーボンニュートラル実現へアプローチしていくという。

 CN燃料については、化石燃料からの脱却と、e-fuel(合成燃料)やバイオ燃料、液体水素など多様な燃料に対応することを目指す。

 各社CEOのプレゼンテーション後に行われた質疑応答では、3社がモータースポーツの現場などを通して内燃機関に対する熱い想いを交わしてきたことを強調。トヨタの佐藤CEOは「仲良くケンカしよう」という言葉を使い、互いに競いながら高め合っていく体制づくりを語った。

次世代ハイブリッドシステム(株式会社SUBARU)
次世代ハイブリッドシステム(株式会社SUBARU)
開発中の1.5L直列4気筒エンジン(トヨタ自動車)
開発中の1.5L直列4気筒エンジン(トヨタ自動車)
開発中の2.0L直列4気筒エンジン(トヨタ自動車)
開発中の2.0L直列4気筒エンジン(トヨタ自動車)
1 ROTER ROTARY-EV SYSTEM CONCEPT(マツダ株式会社)
1 ROTER ROTARY-EV SYSTEM CONCEPT(マツダ株式会社)

各社CEOのコメント

スバル 代表取締役社長・CEO 大崎 篤

クロストレック 次世代ハイブリッドシステム搭載車(プロトタイプ)
クロストレック 次世代ハイブリッドシステム搭載車(プロトタイプ)

 カーボンニュートラル社会の実現は、日本の産業界・社会全体で取り組む課題です。私たちはクルマの電動化技術を磨くと共に、カーボンニュートラル燃料の活用に向けて、水平対向エンジン自身もさらに磨きをかけます。これからも志を同じくする3社で日本のクルマづくりを盛り上げてまいります。

トヨタ 代表取締役社長・CEO 佐藤 恒治

開発中の1.5L直列4気筒エンジンを搭載した試作車
開発中の1.5L直列4気筒エンジンを搭載した試作車

 カーボンニュートラルに貢献する多様な選択肢をお客様にご提供していくために、未来のエネルギー環境に寄り添ったエンジンの進化に挑戦してまいります。志を共有する3社で、切磋琢磨しながら技術を磨いてまいります。

マツダ 代表取締役社長・CEO 毛籠 勝弘

2 ROTER ROTARY-EV SYSTEM CONCEPT
2 ROTER ROTARY-EV SYSTEM CONCEPT

 電動化時代における内燃機関を磨き、マルチパスウェイでカーボンニュートラルの実現可能性を広げ、お客様がワクワクするクルマを提供し続けます。電動化やカーボンニュートラル燃料と相性の良いロータリーエンジンを社会に広く貢献できる技術として育成できるよう、共創と競争で挑戦してまいります。

スバル 公式HP:
https://www.subaru.jp/

トヨタ 公式HP:
http://toyota.jp/index.html

マツダ 公式HP:
https://www.mazda.co.jp/

https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/car-technology/228601/

著者:グーネットマガジン編集部