新型コロナウイルス感染症が日本で流行して以来、いろいろな施設で目にするようになった消毒液。

感染拡大を防ぐため、店の出入り口を中心に、誰でも利用できるよう消毒液が入ったボトルが設置されています。

つるの剛士「消毒液かと思ったのに…」

コロナ禍になってから年月が経ち、『ニューノーマル』な日常がすっかり浸透した2022年9月。

同月25日、タレントの、つるの剛士さんは店で遭遇した衝撃的な展開について、Twitterに投稿しました。

この日、飲食店を利用したつるのさん。いつものように出入り口で消毒を行おうとしたところ、違和感を覚えました。

なぜならば、消毒をしたはずの手に、いつもと異なる感覚があったのですから…!

つるのさんの手元には透明な液…ではなく、真っ赤な液体が!

そう…この店はホットドッグ専門店。つるのさんは備え付けのケチャップを、消毒液と間違えてしまったのです!

お店柄、きっと店内には、いたるところにケチャップやマスタードの入った容器が設置されているのでしょう。

まさかの展開に、つるのさんは「今度、眼鏡の度の検査をしたいと思います」と、茶目っ気あふれるコメントをしています。

店の出入り口で消毒をするのが習慣となった昨今。あなたも消毒をする際、特に飲食店では気を付けたほうがいいかもしれません…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@takeshi_tsuruno