夏頃に旬を迎える、ブドウの一種である『デラウェア』。

種がなく小粒なデラウェアは、2〜3房ほどがパックに入れられて販売されていることが多い果物です。

ひとパックの量が多いため、いざ購入しようと思っても、食べきれるかが不安でなかなか手が伸びない人もいるのではないでしょうか。

JA全農広報部(@zennoh_food)がTwitterで紹介した食べ方なら、そんな不安を解消できるかもしれませんよ!

JA全農おすすめ!デラウェアの食べ方

JA全農広報部がすすめるデラウェアの食べ方は、房ごと冷凍して食べる方法。

デラウェアは皮ごと食べられるので、冷凍庫から取り出せばアイス感覚で楽しめるそうです。

JA全農広報部の『中の人』いわく、好きな時に好きな量を房から外して食べられるので、夏のお風呂上がりにぴったりなのだとか!

また、皮をむいて食べたい場合は、流水に数秒さらせば簡単にむけるといいます。

投稿を見た人たちからは「子供のおやつにぴったり」「いいことを教えてもらった」「これなら安心して買える!」などのコメントが寄せられています。

デラウェアを手軽に保存できるだけでなく、暑い夏の時期に、ひんやりとしたフルーツを食べられるなんて、一石二鳥ですね!

デラウェアの量が気になって購入できなかった人は、試してみてはいかがですか。


[文・構成/grape編集部]


出典
@zennoh_food