アメリカのルイジアナ州では、1人の男性と1匹の子犬のストーリーに多くの人の心が揺さぶられています。

ある日曜日の朝、ニューオーリンズにある動物保護施設『ヴィラロボス・レスキューセンター』の職員であるリジーさんが出勤すると、施設の入口に子犬を連れた男性が座っていました。

男性に声をかけたリジーさんは、彼がその子犬を預けに来たことを知ります。

学校の教師をしているというその男性は、町をうろついている子犬を見かけて放っておけず、家に連れて帰ったのだそう。

ところが、まもなく大家さんに見つかり、子犬を追い出すようにいわれてしまいます。

男性はせめて「子犬にいい家族が見つかってほしい」と思い、『ヴィラロボス・レスキューセンター』に連れてきたのです。

実はこの時、施設は満員で、これ以上の動物を預かる余裕はありませんでした。

しかし、男性の思いやりに胸を打たれたリジーさんは、子犬を引き取り、「素晴らしい家族を見つけてあげよう」と心に決めます。

そして、男性は書類の記入を済ませると、「最後に1つだけ、お願いがあるのです。子犬に『さようなら』をいわせてください」といいました。

最後のお別れをする男性と子犬の姿を見て、リジーさんはたまらず涙があふれたそうです。

リジーさんは、教師である男性に敬意を表して、子犬に『スカラー(学者)』と命名しました。

『ヴィラロボス・レスキューセンター』のFacebookに投稿された男性とスカラーの写真には、同情の声が寄せられています。

・悲しいね。彼が子犬と暮らせたらよかったのに。

・子犬を見つめる男性の優しい表情に涙が出た。

・ペットと暮らせる物件が、もっと増えたらいいよね。

男性とスカラーが見つめ合う写真を見ると、まるで彼がスカラーに「幸せになるんだよ」と伝えているように思えますね。

男性も、スカラーを手放したくはなかったはず。しかし、すぐには引っ越しができないなど、やむを得ない事情があったのでしょう。

スカラーは現在、仮里親の家で過ごしながら、家族を募集しています。

男性とスカラーが一緒に過ごした時間は長くはありませんでしたが、彼らの間には強い絆が生まれていたように見えます。

きっとスカラーは、男性からもらった愛情をこれからも忘れることはないでしょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
Villalobos Rescue Center - Life 4 Paws, Inc.