パソコンやプリンターなどの発達で、現代では個人が気軽に、家庭で印刷できるようになりました。

そんな時代に、手書きの掲示物を見かけると、趣深く感じられることもあるでしょう。

事務所に貼られた「しめて!」

国内外で廃墟や風景、一風変わった建築を撮影している、Saho(@urbex_34)さん。

大阪府大阪市にある繁華街『新世界』の一角に存在する、100年以上の歴史を持つ商店街『新世界市場』を訪れた際、1枚の貼り紙を発見しました。

事務所のドアに貼ってあったのは、とある注意書きです。

ネコ入る しめて!

注意書きには、そんな文言とともに、ゆるい猫のイラストが添えられていました。

Sahoさんは、思わず「ネッ…猫…?」と思ってしまったとか。

『新世界市場』は猫が多数いる地域であることから、うっかり事務所内に閉じ込める事態などが発生しないよう、注意しているのかもしれません。

貼り紙を見た人たちからは、「かわいい」「しっぽが描かれていなくとも、猫と分かるのが不思議」「犬っぽくも見えない?」「じわじわくる」などのコメントが、続々と寄せられました。

イラストが目を引くため、結果的に大多数の人が貼り紙に気付き、ドアを閉めてくれそうです!


[文・構成/grape編集部]


出典
@urbex_34