子育てをしている親にとって、息抜きは必要でしょう。

日々の小さなごほうびとして、子供たちには内緒でおやつを楽しんでいる親も多いはず。

2人の娘さんを育てている、母親のとなこ(@T73ko3)さんは、ある日、夜中に目が覚めました。

子供たちが寝静まっている夜中、こっそりとおやつを食べるには絶好のチャンスです!

となこさんは、1人でアイスの『ハーゲンダッツ』を味わうという、至福の時間を過ごしたのでした。

食べ終わった後は、子供たちにばれないよう、容器をゴミ箱の奥に押し込んで証拠を隠滅。

しかし翌朝、お皿を洗ってくれていた長女が、ボソッとこのようなことをつぶやきました。

「ハーゲンダッツ、食べたでしょ?」

確かに、証拠を隠滅したはずのとなこさん。

となこさんが「なんで!?」と聞くと、娘さんは…。

スプーンがいつもより多い

娘さんは、洗い物のスプーンがいつもより1本多いことから、「母親がこっそりハーゲンダッツを食べたな…」と、名推理を披露したのです。

恐ろしいほどの洞察力…!

となこさんは、娘さんの名推理に冷や汗が止まらなかったことでしょう。

この投稿には、さまざまな声が寄せられました。

・子供っておやつに関する記憶力が半端ない。「この前の、まだ残ってるよね」「ママ、くれるっていったよね…」って。

・まさか、スプーンの本数からバレるとは…!名探偵だ!

・毎朝、お皿を洗っているからこその気付き…。毎日お手伝いしてえらい!

・次回からは、使い捨てスプーンにしましょう!封筒などに入れて捨てれば、完全にバレないはず…!

何も悪いことはしていないはずなのに、ちょっぴり罪悪感がわく出来事。

しかし、となこさんにとって、こっそりおやつを食べることは大切な息抜きであるはずです。

娘さんと、となこさんのおやつをめぐる攻防は、これからも続くことでしょう…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@T73ko3