猫と、生前の犬とのエピソードを描いている、漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さん。

天真爛漫で天使のような性格の犬と、我が道を行くツンデレなお猫様の姿は、多くの人を笑顔にしています。

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

寝ている間に『足音』が聞こえて?

ある夏の夜、松本さんが自室で寝ていると、動物の足音で目が覚めました。

猫が部屋に入ってきたのかと思った、松本さん。自室のドアを確認すると…。

猫が入ってきたのであれば、自室のドアは開いているはず。

しかし、ドアは閉じたままです。

猫が部屋に入ってきたわけではないことを確認した、松本さん。

ふと、この日がお盆中であることを思い出し、犬くんの姿が脳裏に浮かんだのでした。

翌朝、松本さんの目に飛び込んできたのは、センチメンタルな気分を吹き飛ばすような、猫の姿!

いい意味で空気を読まないお猫様に、笑みがこぼれますね。

・犬くんが、大好きな家族に会いに来たんだろうな。

・泣いた。きっと犬くんは帰ってきていて、松本さんのそばにいると思いますよ。

・数年前に亡くなった、私のかわいい愛犬も、お盆には毎年帰って来てくれていると信じています。

お盆期間中に帰って来たであろう犬くんは、松本さんや猫の元気な姿を見て、安心したことでしょう。

単行本『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』が発売中!

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』の単行本第1〜7巻が発売中。

描き下ろしも収録されているので、癒されたい人は手に取ってみてはいかがでしょうか!


[文・構成/grape編集部]


出典
@hidekiccan