Twitterに、日常で起きた出来事を投稿している肩幅広美(@Ayoster_classic)さん。

ある日投稿者さんは、友人である、みのかさ(@inekaratukutta)さんが作ったクッキーを食べていました。

犬の顔や体をモチーフに作られた見た目がかわいいクッキーですよね。

クッキーが好みの味だった投稿者さんは、大満足!

メッセージアプリの『LINE』で、みのかささんに「クッキー、とてもおいしかったよ!」と連絡すると、予想外の言葉が返ってきました。

「小さいのは、犬用クッキーだよ」

なんと、食べたもののうち、丸いクッキーは投稿者さんの愛犬用だったのです!

そうとは知らず、「ちょうどいい甘さ」だと思い食べていた投稿者さん。

気付けば、15枚あった犬用クッキーは、4枚しか残っていないのでした…。

人間が犬用のお菓子を食べても、影響はないといわれています。

投稿者さんが食べた犬用クッキーは、甘さが控えめになっていたため、気付きにくかったのかもしれませんね。

投稿者さんのエピソードに、「申し訳ないけど笑った」といった反響が上がりました。

・よっぽどおいしかったんだろうな…!

・前に赤ちゃん用のケーキを食べたら、甘さが控えめだったから同じような感じなのかも。

・自分も食べたことがあるけど、おいしいんだよな!

みのかささんから事実を聞かされ、愛犬に「ごめんな…」と申し訳ない気持ちになった投稿者さん。

愛犬の表情が、「えっ、クッキーは…?」と物語っているようで、哀愁がただよっていますね…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@Ayoster_classic