買い物の会計をする時、混んでいる場合は列に並ぶ必要があります。

通路のどこに並ぶのかは店によって異なるため、気が抜けている時に間違えてしまう人も少なくありません。

アメリカ在住の、ちよ(__chiyodayo__)さんが、地元のスーパーマーケットに行った時のこと。

正しい列とは別の場所に立ち、ちよさんの次に並んだつもりの男性がいました。

途中で、自分のミスに気付いた男性は…。

※『ワイフィプー』=『妻(wife)』を由来とした『恋人』を意味する呼び方

間違った並び方をしていたことに気付いた男性は、正しい列の最後尾に行こうとしました。

すると、正しい列に並んでいた紳士が、自分の前に入るよう男性にいったのです!

心に余裕があった紳士から「人生、急ぐ必要なんてない」との明言をもらった男性は、ありがたく列に加わったのでした。

そして、ちよさんも紳士の名言を胸に刻み、満足した気分で帰宅。

2人の会話に混ざっていなかったことを、夫から突っ込まれたのでした…。

紳士の対応は、ちよさんのほか、多くの人の心をつかんでいます。

・なんて広い心。

・人の温かさが感じられました。

・心の余裕、見習いたい!私も今度から、間違った並び方をした人に譲ってみようかな。

勘違いから、列に横入りのような形で入ってしまう人は、いろいろな店で目撃されています。

心に余裕がある時には、寛大な心で臨機応変に対応してみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]


出典
__chiyodayo__