動物保護施設で暮らす猫や犬たちは、毎日をどんな気持ちで過ごしているのでしょうか。

外に出ることも、自由に走り回ることもできない狭い部屋の中では、喜びを感じることは難しいだろうと推測します。

猫が大好きなアリッサ・キーリングさんがアニマルシェルターを訪れた時、オーティというオス猫が彼女の目に留まりました。

ケージの中で横になっているオーティは、見るからにうんざりしている様子。

まるで「どうせ自分は一生このケージの中にいるんだろうな」と希望を失っているように見えました。

しかし、アリッサさんはオーティに特別なものを感じたのでしょう。

彼女はその日、オーティを家族に迎えることに決めたのです。

あんなに不機嫌そうだった猫が?

ウェブメディア『The Dodo』によると、アリッサさんが里親の手続きなどをしている間も、オーティの様子は変わらなかったそう。

ところが、家に着いたとたん、まるでスイッチが入ったかのようにオーティの態度が急変したのです!

@henrysthoughts The power of adopting a pet. Otie has added so much magic to my life just by being himself. 🥹❤️#adoptdontshop #adoptionstory #adoptionstorytime #fyp #fypcat #weirdcat #catadoption #catlove #catsoulmate ♬ Benny and Chiquitita - reymifasol

アリッサさんや先住猫にぴったりと寄り添って、至福の表情を見せるオーティ。

「ああ、幸せだニャー」という、心の声が聞こえてきそうです!

シェルターにいた時とは別の猫のようなオーティの激変ぶりに、喜びの声が上がっています。

・あの悲しそうな猫が、こんなにかわいかったなんて!

・嬉しくて涙が出た。よかったね、オーティ!

・この猫はあなたのことが大好きだね。里親になってくれてありがとう。

アリッサさんは動画に「オーティは自分らしくいるだけで、私の人生にたくさんの魔法をもたらしてくれました」とつづっています。

動物保護施設では、人懐っこくて愛らしい性格の動物のほうが、里親が決まりやすいといわれます。

オーティの不機嫌そうな態度は、里親希望者にあまりいい印象を与えていなかったかもしれません。

しかし、アリッサさんはオーティの本来のかわいらしさを見抜いていたのでしょう。

ケージの中で、暗い表情をしていたオーティ。一発逆転のハッピーエンドになりましたね!


[文・構成/grape編集部]


出典
henrysthoughts/henrysthoughts/The Dodo