タクシーの運転手は、客を運ぶと同時に、さまざまな人の人生と関わっています。

結婚や出産など、その人なりのドラマがある日に利用されることも。

kieka(kieka15)さんが、とあるタクシーに乗った時に起こった、驚きの出来事をご紹介します。

25年ぶりの再会

母親が予約したタクシーに乗車した、kiekaさん。

送り先の住所を伝えると、運転手は覚えがあったのか、「もしかして」と確認をしてきました。

@kieka15 たまたま乗ったタクシーの運転手が私の産まれる直前に病院まで送ってくれた人だった話、25年ぶりの再会#タクシー #タクシー運転手 #出産#奇跡#淡路島 ♬ Ashita e no Tegami - Aoi Teshima

なんと運転手は、kiekaさんの母親が陣痛で病院まで移動する際に利用した、25年前の出来事を覚えていたのです!

タクシーの予約をした母親の名前と、送り先の住所で、kiekaさんがその時に誕生した子だと確信に変わった様子。

運転手にとって、タクシー歴45年の中でも印象的な出来事だったのでしょう。

kiekaさんが美容師として働くまで成長したことを知り、感慨深そうな声音は、優しさで満ちています。

奇跡的な巡り合わせに、運命的なものを感じた人は多く、温かなコメントが寄せられました。

・すごい奇跡!ご縁ってすごいなぁ…。

・うるっとしました。運転手さんも、お会いできて嬉しかったでしょうね!

・もはや、運転手さんからしたら孫のようなもの。

・名前などで分かったということは、それだけお仕事に真剣に向き合っている方なんだろうな。

感謝を伝えられる機会に、kiekaさんも胸が熱くなったことでしょう。

人と人とのつながりが感じられる出来事ですね!


[文・構成/grape編集部]


出典
kieka15