純粋無垢な子供の発想は、人生経験が豊富な大人をたびたび驚かせたり、クスッとさせたりすることがあります。

グラハム子(@gura_hamuco)さんは、小学1年生の娘さんが持ち帰ったプリントに関するエピソードをTwitterに投稿。

娘さんから渡されたのは、国語の授業で行ったという『おおきなかぶ』についてまとめたプリントでした。

「やっとカブが抜けた時、みんなはどう思ったでしょう」と、登場人物の気持ちを想像して答える問題に対し、娘さんは…。

おじいさん、おばあさんとくらべて、明らかにギャルっぽい口調の孫…!

娘さんにとって、孫という存在は『ギャル』の括りなのでしょうか。

また、人間の言葉で感想を述べる犬や猫に対し、ネズミは「チューチュー」と鳴くだけ。

意図せず笑いのエッセンスが加えられた娘さんの解答に、グラハム子さんは笑いをこらえるのが大変だったそうです。

【ネットの声】

・ちゃんと登場人物のテンションで台詞を変えていてすごい!

・猫の「つかれた」が、切実で好き。

・キャラクターの設定がしっかりあって素敵!いろんな意見が出て、楽しい授業だったんだろうなあ。

感性が豊かな娘さんの解答は、グラハム子さんだけでなく、多くの人をクスッとさせました。


[文・構成/grape編集部]


出典
@gura_hamuco