義父母と同居した際、よく問題となる『嫁姑問題』。

互いの価値観や生活習慣などの相違で、衝突することが多くなるといわれています。

たまに会いに行く距離では問題なくとも、互いが見えすぎる距離になると、気になる点も出てくるでしょう。

『義実家同居して1年が経ちました』

「同居したことを後悔していない」

そうつづったのは、1児の母親である、まろ(maromrt)さん。

義父母と夫、娘のメメちゃんの5人で暮らして1年が経過したといいます。

改めて、義母について考えるきっかけとなったエピソードをInstagramに公開しました。

メメちゃんの優しさも、移り気なところも理解している義母。

プレゼントしようと持ってきてくれたものなら、しおれた花でも、決して捨てるようなことはしません。

きっと、せっかくの花がしおれて、ガッカリしたメメちゃんの気持ちも分かったのでしょう。水を与えて、元気になった花の姿を見せてあげたのです。

子供の気持ちを無駄にしない義母の姿に、まろさんは「お義母さんが、メメのおばあちゃんで本当によかったな」と改めて感じたのでした。

温かなエピソードは、多くの人の心に響いたようです。

・涙が出た。

・お2人は子育ての戦友ですね!

・まろさんも、メメちゃんも、おばあちゃんも素敵すぎる。

・母親と同じように、義母にも娘を大事にしてもらえたら嬉しい!

・同居は絶対に簡単なことじゃない。みんなが想い合っているからこそなんだろうな。

気遣いや優しさを忘れずに暮らすことで、形になる家族。

互いの存在に助けられたり、教えられたりする関係は素敵ですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
maromrt