予期せぬことが起きてびっくりした時、思わず声が出てしまうことがあります。

育った国や文化によって、驚いた時の反応はさまざま。とっさに出る言葉も、日本人からすると「そんなこという!?」と思うケースもあるようです。

世界各地を旅行し、旅先での体験談を漫画で描いている、漫画家の五箇野人(@gokayajin)さん。

機内で食事中、前の座席の人が急にシートを倒してくると…。

『Jesus(ジーザス)』

驚いた時に「おっ…」と控えめに声が出ただけの五箇野人さんと、とっさに神の名を唱えてしまう、隣の外国人男性。

ちょっと驚いた時の反応にしては、大仰なようにも聞こえてしまいますが、英語圏の人にとっては「おっと」「わっ!」くらいの軽いニュアンスなのかもしれませんね。

投稿には「これくらいの驚きで『ジーザス』を使うのか」「『ジーザス』、なんかいいな。使ってみたい」などの声が上がっていました。

異なる風習を目の当たりにすると、新鮮で面白いですね!

五箇野人さんの世界旅行漫画が発売中!

五箇野人さんのブログには、旅での面白いエピソードが多数公開されています。

五箇野人の海外旅日記

また、単行本『世界歩いてるとドープな人にカラまれる』『#世界#映え殺し#ツアーズ』『つかれたときに読む海外旅日記』も発売中。

2021年11月には、『続・つかれたときに読む海外旅日記』が発売されました。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]


出典
@gokayajin