響きが似ていても、意味がまったく異なる言葉というのは、多々あります。

人に伝える際に、つい間違えてしまうこともあるでしょう。

おじいさんが買いたい『本』に、驚愕

大学時代に書店でアルバイトをしていた、ちゃおず(@mrchaoz0103)さん。

接客中に起こったエピソードをTwitterに投稿したところ、思わず吹き出す人が相次ぎました。

ある日、アルバイト中におじいさんの客が店を訪れたそうです。

おじいさんはどうやら、人生の終末期に備え、自身の希望を書き留めておくノート『エンディングノート』が欲しかった様子。

※写真はイメージ

しかし、どこにあるかが分からなかったらしく、店員のちゃおずさんにこう尋ねてきました。

「デスノートはどこにありますか?」

それ、絶対に名前を書いちゃダメなやつ…!

『デスノート』といえば、人気漫画『DEATH NOTE』に登場する、名前を書いた人間を死にいたらせることができる、死神のノートとして知られています。

おじいさんは、そんな最恐のアイテムとエンディングノートを間違えて伝えてしまったのです!

ちゃおずさんが「漫画ですか?」と聞き返したところ、エンディングノートの内容を話したため、正しい場所に案内できたとのこと。

投稿には、9万件を超す『いいね』が付き、ツッコミの声が多数寄せられています。

・電車で読まなくてよかった。声を出して笑いました。

・おじいさん、これを使用したら冥土には行けませんよ。

・世界を終わらせるほうの『終活』かな。

・ツボにはまった!誰の名前を書く気ですか。

また「うちの祖母も『デスノート』と呼んでいた」などの声も上がっており、エンディングノートと間違えることは意外と『あるある』のようです。

ちゃおずさんの機転がなければ、恐怖の『終活』が始まっていたかもしれません…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@mrchaoz0103