「目は口ほどにものをいう」といわれるように、時に目は言葉以上に心情を伝えてくれます。

それは、人間のように言葉をしゃべれない動物も同じです。

マミ太郎(@pfirsich_jam)さんの愛猫2匹は、注意されたことへの不満を、目だけで訴えてきました。

飼い主「反省の色が見えない」

プロレスごっこのようにじゃれあっていたマミ太郎さんの愛猫ですが、次第にヒートアップしてしまったのか、途中から大喧嘩に!

すかさずマミ太郎さんは2匹のケンカの仲裁に入り、「いい加減にしなさい!」と注意します。

しかし、2匹はその注意を不服に思ったようで、この表情。

まるで「解せぬ…」といっているかのような、分かりやすいほどの不満顔!

これにはマミ太郎さんも「反省の色が見えない」とつっこまずにはいられませんでした。

とはいえ、どんな顔をしていても愛猫はかわいく「あんまりにいい顔するのでつい笑ってしまいました」と、マミ太郎さん。

写真は反響を呼び、多くのコメントが寄せられています。

・これは憎めない!

・お互いに「お前のせいで怒られたじゃん」って、思っていそう。

・2匹の顔が、とってもいい!

反省の色が見えない2匹ですから、もしかしたらまた飼い主さんの目を盗んで、乱闘騒ぎを起こすかもしれませんね…!


[文・構成/grape編集部]


出典
@pfirsich_jam