子供の機嫌がころころと変わり、親が手を焼くのは『子育てあるある』の1つ。

イベントの日など、笑顔で過ごしい時にかぎって子供が不機嫌になると、気まずいものです。

とはいえ、子供側からすれば、うまく自分の気持ちの対処ができないだけで、心境が変化した理由はきちんとあるのでしょう。

『クマのケーキと福白髪』

2児の母親である、さざなみ(@3MshXcteuuT241U)さんが、長女の誕生日をお祝いした時のこと。

長女が喜びそうなケーキを買って帰ったのですが、思わぬ展開となってしまいます。

さざなみさんが思った通り、クマの形のチョコレートケーキを気に入った長女。

しかし、かわいさのあまり、形を崩すことが残酷に思えたのか、食べられませんでした。

ケーキを無駄にしないよう、ほかの人に譲る代わりに、せめてもの思いで絵を手元に残したのです。

長女の想いを完全には理解してあげられず、さざなみさんは頭を抱えました。

その時、「分からなくてもいいんじゃない?」という夫の反応から、自身の母親が以前いっていた次の言葉を、さざなみさんは思い出します。

分かんなくても大事にしますよ。あんたが大事にしてるもんだからね

理解できずとも、相手を尊重することの大切さを、さざなみさんは実感していました。

だからこそ、長女が大切にしたことを受け入れ、今後の生活にも反映したのです。

長女の感じたことや、さざなみさんの対応について、人々から温かな反応が寄せられました。

・優しさが詰まったエピソードに、ジンときました。

・理解できなくとも尊重する精神にハッとさせられます。

・還暦を迎える自分も、いまだにかわいいお菓子が食べられません!

・「我が子にも、そういう感情があるかも」と考えるきっかけになりました。

基本的に、「相手のことを理解しないといけない」「理解したことしか尊重できない」ということはありません。

相手が大事にしていることを知ったら受け入れる…それも、愛情の1つといえるでしょう。


[文・構成/grape編集部]


出典
@3MshXcteuuT241U