日本時間2022年12月6日、サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』の決勝トーナメント1回戦が行われました。

日本は前回大会で準優勝したクロアチアと対戦。試合は1−1のまま延長戦でも決着が付かず、PK戦の末敗れました。

試合後、日本代表の選手やサポーターたちが悔し涙を見せる中で、森保一監督が取った行動に、反響が寄せられています。

サポーターに感謝の一礼

世界中から注目が集まっていた、今回の一戦。

試合が終了した後、FIFAワールドカップや、アメリカのスポーツ専門メディア『ESPN』などがTwitter上に投稿したのは、森保監督のある印象的な姿でした。

森保監督は日本のサポーターたちが集まったスタンドに向かい、胸に手を当てた後、深く一礼。

会場となったカタールまで日本から駆け付け、選手たちを応援し続けたサポーターに対する、感謝の想いを表しました。

森保監督の誠実な人柄が伝わる行動に、日本のみならず、世界中から称賛の声が寄せられています。

・この姿を見て、こらえきれず涙があふれました。森保ジャパンありがとう!

・すごく思いやりのあるしぐさに泣ける。このW杯で日本という国に対し、尊敬の念を抱いた。

・森保一と日本チームに敬意を表します!間違いなく、今回日本は最高のプレーをしていたよ。もっと見たかった。

惜しくも越えられなかった、ベスト8の壁。

しかし、奮闘した日本代表や森保監督、そして日本のサポーターの姿に、心を動かされた海外のサッカーファンは多かったようです。


[文・構成/grape編集部]


出典
@FIFAWorldCup_JP/@ESPNFC