日本時間2022年12月6日、サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』の決勝トーナメント1回戦が行われ、日本はクロアチアと対戦。

試合は1−1のまま延長戦でも決着が付かず、PK戦の末に敗退となりました。

悲願のベスト8初進出の夢を叶えられなかった日本代表ですが、その戦いぶりは日本のみならず世界中のサッカーファンの心を揺さぶっています。

森保一監督のコメント

試合終了直後のインタビューで、森保一監督は選手やサポーターに感謝を述べました。

選手たち、スタッフは本当によく頑張ってくれたと思います。

我々をこの素晴らしい舞台につなげてくれた選手たち、サッカーファミリー、国民のみなさんに感謝したいと思います。

ベスト16の壁は今回も乗り越えられなかったですけども、選手たちは新時代を見せてくれたと思います。

これから先、日本のサッカーが最高の景色を願い続ければ、必ずこの壁は乗り越えられるということを強く思います。

そのためにもこの素晴らしい選手たちを国民のみなさんが、また後押ししてくださって、日本一丸となって世界に挑めれば、必ずこの壁は乗り越えられると思います。

めざまし8 ーより引用

また、その後に行われた公式会見で、記者から『PK戦の順番』について聞かれると「選手たちに決めてもらった」と明かし、次のように語っています。

みんな勇気を持って自分が蹴るということをやってくれた。

PKの失敗、成功はあるかもしれないですけど、勇気を持って、プレッシャーがかかる中、チャレンジするということを選手たちは見せてくれたと思いますし、そのチャレンジを称えたいと思いますし、我々を見てくださった方々が、そのチャレンジであったり勇気であることを日常生活に生かしてもらえるように選手たちの気持ちを感じてもらえたら嬉しいなと思います。

めざまし8 ーより引用

選手たちの挑戦を称え、「まだまだ日本の選手たちは成長できると思います」と言葉を締めた、森保監督。

インタビューや会見を見た人たちからは、労いやエールの言葉が相次ぎました。

・「選手たちは新時代を見せてくれた」って今回のW杯を表す、最高の言葉ですね。

・こんなことをいわれたら、もう応援するしかない。4年後は絶対に勝つぞ!

・ドイツ、スペインを倒せたのは新時代到来の証。日本代表は4年後に北米で、必ずこの壁をぶち破る。

強豪のドイツ、スペインを破り、前回準優勝したクロアチアを相手に、ほぼ互角の戦いを見せた日本代表。

その素晴らしいプレーに、多くの人が勇気や感動をもらえたのではないでしょうか。

4年後はきっと、この悔しさをばねにさらなる成長を遂げているに違いありません。

日本のサッカーを、これからも応援し続けたいですね!


[文・構成/grape編集部]


出典
めざまし8