全盲の浅井純子(@nofkOzrKtKUViTE)さんが、Twitterで呼び掛けた『お願い』に、人々がハッとしています。

日頃から電車に乗る時に、多くの人に協力をしてもらっているという浅井さん。

見知らぬ人に席を譲ってもらったり、乗り降りの際にサポートをしてもらったりすることがあるのでしょう。

周囲の協力に感謝をしている浅井さんは、より安全に車内で過ごせるよう、「固定された手すりを持たせてほしい」と呼び掛けました。

電車内のつり革は、ちょっとした振動でも、揺れています。また、電車の急発進やブレーキが起きると、つり革につかまっていても、身体がバランスを崩してしまいかねません。

そのため、浅井さんからすると、つり革につかまることは、決して安全とはいい切れないでしょう。

一方で、固定されている手すりであれば、電車内の揺れによる影響を受けにくくなるといえます。

浅井さんのお願いはネットを通じて注目を集め、多くのコメントが上がりました。

・全盲の人が電車内にいることに気付いたら、率先して手すりに案内しようと思います!

・「こういうフォローがありがたい」という視点は大切なこと。ぜひ多くの人に知ってもらいたい。

・当事者でしか分からないことだと思いました。今後は積極的に譲ります!

社会は、人と人との助け合いで成り立っています。

みんながより安全に暮らしていけるよう、思いやりを大切にしたいですね。

ちなみに浅井さんは、大阪府大阪市にあるヘッドスパ『暗闇ヘッドスパ 純度100』を経営しています。

光やBGMがない同店で、日々の疲れを取りたい人は、来店してみてはいかがですか。

暗闇ヘッドスパ 純度100


[文・構成/grape編集部]


出典
@nofkOzrKtKUViTE