ケーキやバウムクーヘンなどを人数分に切り分ける際、偶数等分だと簡単。

4等分や8等分の場合、「このあたりが円の直径かな?」と推測して複数回、刃を入れたらできますよね。

しかし、円を半分に切っていく方法では、5等分や7等分はできません。

奇数等分に、苦戦したことがある人は多いのではないでしょうか。

ある日、バウムクーヘンを5つに切るミッションを与えられたのは、@ShinShinoharaさんの息子さん。

2022年現在、小学4年生の息子さんが実践した方法が、Twitterで反響を呼んでいます。

等分に切り分ける方法とは

息子さんが最初に手に取ったのは、ナイフではなくクッキングシートでした。

まず、クッキングシートを半分に折り、それをさらに半分に折り、計3回折り目をつけます。

8等分になったクッキングシートを広げ、すべての折り目を山折りにし、3面分を重ねると五角形になりますよね。

五角形になったクッキングシートをバウムクーヘンの空洞部分に差し込むと…。

折り目の角が、5等分に切り分ける目印になるのです!

息子さんは、紙を半分にしていくと、同じ幅で折れることを、テレビアニメ『はなかっぱ』(NHK)で知りました。

応用すれば何角形でも作れることに気が付き「いつかやってみたい」と思っていたそうです。

アニメから着想し、応用を考えたことに対し、投稿者さんも「驚いた」とつづっています。

息子さんの着眼点には、ハッとさせられますね!

頭の中にあるものを、適所で実践する様子に、「素晴らしい」などのコメントが寄せられています。

・子供って、大人にはない柔軟な発想をするので、驚かされますね。

・アニメをただ観て終わるのではなく、着眼して応用、実行する息子さんは天才です!

・等分に切り分けようという、息子さんの奉仕の心にも驚き。

・息子さんの吸収力、応用力が素晴らしすぎます!

賞賛の声が多く集まったこのエピソード。

『天才』と呼ばれる所以となった、息子さんの応用力に、将来が楽しみになりますね!


[文・構成/grape編集部]


出典
ShinShinohara