日本時間2022年12月6日、サッカーの世界大会『FIFAワールドカップカタール2022』の決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表は前回準優勝のクロアチアと対戦。

PK戦にもつれこむ大接戦の末に敗れ、悲願のベスト8進出にあと一歩、届きませんでした。

三笘薫選手を抱きしめる森保一監督 試合後の1枚に反響

FIFAワールドカップの日本語版アカウントはTwitterに、試合終了直後に撮影された、1枚の写真を投稿。

そこには、三笘薫選手を抱きしめる森保一監督の姿が写っていました。

今回のW杯でグループリーグから4試合すべてに出場し、圧巻の活躍を見せた三笘選手。

試合終了後のインタビューで涙ながらにクロアチア戦を振り返り「試合を通して、全部が足りなかったと思います」と悔しさをにじませています。

さらに記者から4年後に向けてのコメントを求められると「次のW杯で勝てるように、やるしかない」と、涙を抑えきれず言葉に詰まる様子が見られました。

投稿には26万件以上もの反響があり、多くの人の涙を誘いました。

・涙があふれました。なんて美しい光景なんだろうと思った。

・泣きじゃくる三笘選手を抱きしめる森保監督、本当の親子みたいです。

・どうか泣かないで。みんな本当によく頑張ったと思います。胸を張って帰国してください!

・感情を表に出さないといわれる三笘選手の涙から、彼の試合への想いがすごく伝わります。

・こんなん見たらヤバいです。追い打ちやめて…。涙で前が見えません!

最後まで果敢に戦った、森保ジャパン。

今大会では善戦むなしく惜敗しましたが、この悔しさを乗り越えた時、また1つ大きな成長を遂げられるはず。

4年後には、きっと三笘選手の『嬉し涙』が見られることでしょう!


[文・構成/grape編集部]


出典
@FIFAWorldCup_JP