再資源化できる資源ゴミの1つである、古紙。自治体に指定された日に、まとめてゴミに出す家庭は多いでしょう。

しかし、捨て方を誤ると、作業員の負担を増やすことになりかねないようです。

お笑いコンビ『マシンガンズ』として活動しながら、ゴミ収集車の清掃員としても働く滝沢秀一さん。

「古紙回収で一番厄介」だという写真をTwitterに投稿しました。

写真に写るのは、ビニール袋の中に入れられた、薄い冊子のような広告。

中に入っているのは紙ですが、外がビニールで包まれているため、そのままの状態で古紙に出すには明らかに適していません。

滝沢さんによると、紙に付いたホチキスなどの金具は簡単に取り除けるそうですが、ビニール袋は機械に引っかかりやすいとのこと。

冊子を守るためのビニールは、ミシン目から手で簡単に開けられるタイプや、ハサミで切らないと開けられないタイプなど、さまざまです。

「開けるのが大変だったら、可燃ゴミで大丈夫です」と、滝沢さんはつづっています。

【ネットの声】

・いろいろと考えさせられる。せっかく分別しても、これでは意味がないですよね。ゴミの分別方法を改めて見直します。

・うっかりやってしまいそう…。いつもタメになる情報をありがとうございます!

・何度注意しても、夫が適当に古紙用の紙袋に入れてしまいます。毎回私が抜き取っていますが、このツイートでますます気を抜かずにビニールを抜き取るようにしようと思いました。

なお、紙の袋であれば、そのまま古紙として出しても問題ないとのこと。

回収する清掃員や、その先に携わる作業員たちがいることを思い浮かべ、本当にその捨て方が正しいかどうかを考えたいですね。


[文・構成/grape編集部]


出典
@takizawa0914