アメリカのフロリダ州に住む、イングリッシュ・ブルドッグのフランキーくん。

飼い主さんが偶然撮影した、フランキーくんの動画に反響が上がりました。

届きそうで届かない!

自宅で過ごしていたフランキーくんの目の前で、あるものが動きました。

彼はそれを捕まえようとしますが、あと少しのところで届きません。

それはフランキーくんが立ち止まっている時は動かないのに、彼が歩き始めると逃げていきます。

フランキーくんが追いかけているものとは…こちらをご覧ください!

フランキーくんが追いかけているのは…自分のリード!

自分の首輪に付いたリードだと気付かないフランキーくんは、「なんで逃げるの?」と不思議に思っていそうですね。

延々と追いかけるフランキーくんの姿に飼い主さんもたまらず笑ってしまいました。

「彼は決して捕まえることができなかった」とつづられた動画のコメント欄は、爆笑の絵文字でいっぱいです。

・自分で散歩をする犬。なかなかクールだ。

・犬は純粋にお笑いの天才だと思う。

・リードの長さが完ぺきだよね。

・だから犬が好きなんだ。彼らは本当に面白いよ。

届きそうなのに届かない絶妙な距離感が、フランキーくんの狩猟本能をかきたてるのかもしれません。

残念ながらフランキーくんがリードを捕まえることはできませんでしたが、彼はきっと楽しんだことでしょう。

犬は賢い動物といわれるだけに、愛犬がこういう行動を見せるとより愛おしく感じてしまいますね!


[文・構成/grape編集部]


出典
Going Around And Around And Around || ViralHog