響きが似た言葉を、いい間違えてしまうことは誰しもあるでしょう。

似た物同士でのいい間違いなら問題はありませんが、少しの違いで、とんでもない誤解が生じることも。

自分のいい間違いに気付かず、その場で訂正できないと怖いかもしれません。

『ジョイ、、、?』

かつて保育士をしていた経験を元に漫画を描いている、でこぽん吾郎(@Dekopon_56)さん。

作者のでこぽん吾郎さんは女性ですが、漫画内には『大柄な男性保育士』の、でこ先生として登場しています。

同作品は一度完結を迎えましたが、人気を博し2023年11月から『ただいま 保育士 でこ先生』として再開しました。

ある日、でこ先生はお迎えに来た保護者に、園での子供の様子を伝えようとしたのですが…。

でこ先生の漫画
でこ先生の漫画

乳酸菌飲料の『ジョア』と、洗剤の『JOY(ジョイ)』をいい間違えてしまった、でこ先生。

その結果、園児に洗剤を飲ませる危ない保育士のようになってしまいました。

クレームもあり得る状況に気付き、急いで訂正に走ったのも納得ですね!

漫画には、いい間違いに笑ってしまった人や、共感した人などからこんな声が寄せられています。

・『ジョイ』は飲んじゃダメ〜ッ!

・たったひと文字で大事故。

・まさに、夫が『ジョイ』と『ジョア』の間違いをやらかしていました!

・我が家の祖父は軟膏の『オロナイン』と、栄養ドリンクの『オロナミンC』をいい間違えていたな。

・うちの子はスルメをスズメといいます。

何歳になっても、ふとした拍子にいい間違いはしてしまうもの。

誤解が長引かないよう、いい間違えた際には早めに訂正したいですね!

『実録 保育士でこ先生』6巻が発売!

でこ先生と子供たちが巻き起こす、ゆかいな日々を描いたコミックエッセイ『実録 保育士でこ先生』の最終巻である第6巻が、2023年6月14日に発売されました。

描き下ろしの作品が、40ページ以上も収録されているとのこと。気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]


出典
@Dekopon_56