11/5【NOAH】中嶋完全粉砕 ZERO1耕平が強さ際立つ開幕連勝

11/5【NOAH】中嶋完全粉砕 ZERO1耕平が強さ際立つ開幕連勝

『GLOBAL LEAGUE 2018』東京・後楽園ホール(2018年11月8日)
Aブロック公式戦 ○佐藤耕平vs中嶋勝彦×

 グローバル・リーグ戦Aブロック公式戦でZERO1の耕平が中嶋を完全粉砕。強さ際立つフィニッシュで開幕から無傷の2連勝とした。

 開幕戦で拳王を破った耕平と、丸藤を破った中嶋が2戦目で激突。のっけから不敵な笑みを浮かべた中嶋が、のらりくらりとかく乱して耕平のイライラを煽ると、まんまと場外戦に持ち込んで主導権を握った。

 ところが、強烈なエルボーやヒザ蹴りで中嶋の目の色をなかば強制的に変えさせた耕平はバチバチな展開に持ち込むことに成功。“蹴撃戦”に場内も熱を帯びたが、アゴを蹴り上げた中嶋が好機をつかみ、急角度バックドロップ、前後からのサッカーボールキック乱打、ランニングローキック…と攻めまくり、バーティカル・スパイクで仕留めにかかった。

 だが、逆に軽々と中嶋を引っこ抜き返した耕平は、そのまま北斗ボムでグサリ。さらには殴るようなエルボーでなぎ倒すや、中嶋をぐしゃりと潰すようなドリルアホール式パイルドライバーで突き刺す。場内が大きなどよめき包まれるなか、ぶっこ抜きのジャーマンで豪快に孤を描き、強さ際立つ完璧な3カウントを奪ってみせた。

 これで拳王に続いて中嶋をも撃破。優勝候補を連破して開幕から無傷の2連勝とした耕平だが、「たまたまでしょう。最後、(技が)頭から入ったりして。でもあえて言うなら、キャリアの勝ち。場数の違いでしょう。優勝へ欲が深まった? まだまだ。優勝に一番近い元副社長(丸藤)ともまだだし、気を引き締めます」とあくまで謙虚に勝って兜の緒を締め直していた。

【試合後の耕平】
――中嶋戦を振り返って?

▼耕平「途中、あれが彼の作戦なのか分からないですけど、僕もイライラしちゃって。でもお客さんから『冷静に』とか『付き合うな』とか言ってもらえて、何とか押さえることができました。ああいうスタイルにも関わらず、要所要所で熱いものも来たんで、ホント分かんなかったっす。混乱したっす」

――とはいえ最後は完勝だったが?

▼耕平「いや、たまたまでしょう。最後、(技が)頭から入ったりして。でもあえて言うなら、キャリアの勝ち。場数の違いでしょう」

――初戦で拳王、2戦目で中嶋と優勝候補を連破しての連勝だけに、欲が深まったのでは?

▼耕平「いやいやいや。まだまだ。優勝に一番近い元副社長(丸藤)ともまだだし、気を引き締めます」


関連記事

おすすめ情報

プロレス/格闘技DXの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索