12/11【WWE】アンブローズ戦控えるIC王者ロリンズがコービン退け王座防衛

12/11【WWE】アンブローズ戦控えるIC王者ロリンズがコービン退け王座防衛

 ロウが米国現地時間10日、カリフォルニア州サンディエゴのバレービューカジノセンターで行われ、インターコンチネンタル王者セス・ロリンズがバロン・コービンを下して防衛に成功し、次期挑戦者ディーン・アンブローズと視殺戦を展開した。

 この日のメインイベントは王者ロリンズにコービンGMが挑戦するTLC形式のIC王座戦。コービンの椅子やラダーといった凶器攻撃やディープシックスでダメージを受けたロリンズは、反撃を狙ったトペ・スイシーダもキャッチされてテーブルに叩きつけられた。それでもロリンズは場外戦でスーパーキックをクリーンヒットさせて反撃。コーナートップからフロッグスプラッシュを叩き込んでコービンをテーブル葬にした。

 起き上がれないコービンを横目にラダーを登ったロリンズだが、レフェリーを務めていたヒース・スレーターがラダーを倒してコービンをサポート。これに怒ったロリンズはコービンにパワーボム、スレーターにスーパーキックを決めると、最後はカーブ・ストンプをコービンにさく裂させてからラダーを登ってベルトを手にし、IC王座防衛に成功した。試合後、ステージに登場したディーン・アンブローズとロリンズがにらみ合い、PPV大会『TLC』に向けて火花を散らした。

 PPV大会『TLC』でロウ女子王座戦が決まっている王者ロンダとナイアが一触即発となる中、代理前哨戦でエンバー・ムーンがタミーナを破り、ロンダ&エンバーが2週連続で前哨戦に勝利した。タミーナとともにリングに登場したナイアは「日曜日に私はロウ女子王者になる。この拳を顔面に何発も食らわせて、ロンダ伝説を打ち消してやる」と王座奪取を宣言した。そこへロンダが現れて「私はポーズやトークのためにWWEに来たんじゃない。闘うためよ」と豪語するとナイアに殺到した。これはナイアが回避。そこへエンバーも駆けつけ、急きょタミーナとの代理前哨戦が行なわれることとなった。試合は白熱の攻防を展開したが、エプロンで介入しようとしたナイアをロンダが引きずりおろして客席に投げ飛ばすと、最後はエンバーがエクリプスでタミーナを沈めて3カウントを奪取。先週のタッグ戦に続き、ロンダ&エンバーが代理前哨戦に勝利した。PPV大会『TLC』は日本時間12月17日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。


関連記事

おすすめ情報

プロレス/格闘技DXの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索