1/11【NOAH】火野不在でもマイバッハが50FPまとめて無法KO タッグ防衛へ高笑い

1/11【NOAH】火野不在でもマイバッハが50FPまとめて無法KO タッグ防衛へ高笑い

『Navig. For The Future 2019』愛知・津島市文化会館(2019年1月11日)
○マイバッハ谷口&KAZMA SAKAMOTO&コーディ・ホールvs杉浦貴&モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム×

 タッグ戦線で暴走の度を深めるGHCタッグ王者のマイバッハが、パートナーの火野裕士不在でも次期挑戦者の“50ファンキーパワーズ”ヨネ&ストーム組を単身無法KO。2・1後楽園大会へ高笑いを決め込んだ。

 “怪物”火野を相棒に得たマイバッハは、昨年末の横浜文体大会で潮崎豪を血祭りに上げた末にGHCタッグ王座を強奪。年初1・6後楽園大会でも潮崎&中嶋勝彦組相手のリターンマッチを無法ファイトの末に制し、“フーリガンズぐるみ”の暴走ファイトでタッグ戦線を牛耳った。

 K-DOJO時代から続く火野の“親友”ストームが「絶交宣言」まで放って挑戦表明。2・1後楽園大会での挑戦が決まり、この日は最初の前哨戦だった。火野は不在だったものの、KAZMA&コーディの援護を受けてマイバッハはこの日も暴走。終盤、50FPが得意の連係を繰り出したところで、レフェリーの死角を突いてのローブローで戦況を逆転させたマイバッハは、KAZMAがレフェリーの死角を作るスキに、ヨネ、杉浦、ストームを刺又攻撃でことごとくKOし、最後はマイバッハボム・ツヴァイでストームから完璧な3カウントを奪ってみせた。

 試合が終わっても刺又で相手方を殴りつけ、杉浦、ヨネ、ストームをまとめて絞首刑に処してご満悦。後楽園でのV2戦へ高笑いを決め込み、バックステージではKAZMAが「今日は10-0で…10-0で!俺らの勝利だ。あいつらの惜しいところなんて一つも無かっただろ? やり方? 知らねーよ。レフェリー見てたか? 見てねえだろ? これでも頭使ってんだよ。分かるか? まぁよ、火野がいなくてもこんなもんだよ。火野だけのチームじゃねえぞ? フーリガンズは谷口が中心になってんだよ。それ忘れんじゃねえ」と強調した。

【試合後のマイバッハ&KAZMA】
▼KAZMA「長井がいねえから、俺が話すよ。ヨネ、ストーム。後楽園であんなよ、勢いのいいこと言っといてよ、こんなもんかよ!? 今日は10-0で…10-0で!俺らの勝利だ。あいつらの惜しいところなんて一つも無かっただろ? やり方? 知らねーよ。レフェリー見てたか? 見てねえだろ? これでも頭使ってんだよ。分かるか? まぁよ、火野がいなくてもこんなもんだよ。長井がいなくてもこんなもんだよ。火野だけのチームじゃねえぞ? フーリガンズは谷口が中心になってんだよ。それ忘れんじゃねえ。分かったか? なあタニ! なんか一言しゃべっちゃえばいいんじゃね?」

▼マイバッハ「ウガアア!!(※と記者の首を絞め上げてから去る)」


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

プロレス/格闘技DXの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索