DDTは9日、『KING OF DDT 2021』の出場選手を発表した。

 KING OF DDTはDDT最強を決めるシングルトーナメント。第15回大会となる今年は16人が出場し、昨年覇者の遠藤哲哉を筆頭に、彰人、秋山準、上野勇希、大石真翔、勝俣瞬馬、クリス・ブルックス、坂口征夫、佐々木大輔、高尾蒼馬、竹下幸之介、HARASHIMA、樋口和貞、火野裕士、MAO、吉村直巳がエントリーした。秋山、火野が初出場となる。

 6・10新宿大会で1回戦8試合、6・20後楽園大会で2回戦4試合がそれぞれ行われ、7・4後楽園大会における準決勝と決勝戦で優勝者が決まる。また、6・6さいたまSA大会『CyberFight Festival 2021』でKO-D無差別級王座戦を争う秋山とHARASHIMAの勝者が同王者として出場することになり、第1回大会となった2004年のポイズン澤田JULIE、昨年の遠藤に続く史上3人目のKO-D無差別級王者による優勝を狙う。

 トーナメントの組み合わせは決まり次第発表される。詳細は以下の通り。


☆『KING OF DDT 2021』

[出場選手]
▼彰人(5年連続8度目)
▼秋山準(初出場)
▼上野勇希(4年連続4度目)
▼遠藤哲哉(2年連続5度目/2017、2020優勝)
▼大石真翔(2年連続7度目)
▼勝俣瞬馬(2年連続5度目)
▼クリス・ブルックス(2年連続2度目)
▼坂口征夫(9年連続9度目/2015優勝)
▼佐々木大輔(5年連続10度目/2018優勝)
▼高尾蒼馬(6年連続7度目)
▼竹下幸之介(3年連続6度目/2019優勝)
▼HARASHIMA(6年連続12度目/2010、2013優勝)
▼樋口和貞(7年連続7度目)
▼火野裕士(初出場)
▼MAO(2年ぶり3度目)
▼吉村直巳(4年連続4度目)

[大会規定]
▼全16選手によるトーナメント戦
▼試合はすべて時間無制限一本勝負
▼6月10日新宿FACE大会で1回戦8試合、6月20日後楽園ホール大会で2回戦4試合、7月4日後楽園ホール大会で準決勝と決勝戦をおこないます
▼6月20日後楽園ホール大会終了後に準決勝の組み合わせ抽選会をおこないます
▼優勝者にはDDT公式エナジードリンク「BLACK OUT」販売元の株式会社キャスティングドットジェイピー様より賞金100万円が贈呈されます

[大会日程]
▼1回戦8試合
6/10(木)東京・新宿FACE

▼2回戦4試合
6/20(日)東京・後楽園ホール

▼準決勝、決勝戦
7/4(日)東京・後楽園ホール