NXT UKが日本時間14日に配信され、里村明衣子が緊急出場となったガントレット戦に勝利し、ケイ・リー・レイが保持するNXT UK女子王座への挑戦権を手にした。

 NXT UK女子王座への次期挑戦権をかけたガントレット戦がこの日のメインで行われた。ザイヤ・ブルックサイドが負傷欠場となったことで、里村の代打出場が緊急決定。4番目に登場し、エミリア・マッケンジー、ダニ・ルナに連勝して生き残ってきたアイラ・ドーンと対戦した。アイラのスープレックスやダブルニーを食らった里村だが、DDTや側転式ニードロップを叩き込んで逆転。最後はアームバーからの丸め込みで勝利を収めた。

 そして最後の5人目として登場したジニー(with ジョセフ・コナーズ)と激突。介入を狙うコナーズを蹴散らした上でデスバレーボムでジニーを圧倒すると、必殺のスコーピオライジングを叩き込んで3カウントを奪取した。

 ガントレット戦を制した里村がNXT UK女子王座次期挑戦権を獲得。3月9日以来2度目の同王座挑戦が決まった。試合後、王者ケイがやってきて両者が対峙。ともに一礼して敬意を表したが、ケイは里村の顔面にスーパーキックを叩き込んで「私がここの王者だ。誰も変えることはできない」と断言した。その後、里村は自身のツイッターで「ケイはやり過ぎだ。私は許さない」と戴冠と報復を見据えて宣戦布告した。