ノア、DDT、東京女子など『CyberFight』グループが一堂に会する『CyberFight Festival 2021』(6月6日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の3大王座戦に向けた調印式が17日、さいたまスーパーアリーナで開かれた。KO-D無差別級王者・秋山準はトリとなったGHCヘビー級王座戦「武藤敬司vs丸藤正道」を強く意識し、「“メイン"にプレッシャーを与えられるような試合をしたい」と宣言。挑戦者・HARASHIMAは「DDTを昔から知る身として自分は絶対負けられない」とDDT育ちの意地をむき出しに必勝を誓った。

 CyberFightグループの祭典となる6・6さいたまSA大会。DDTの頂点・KO-D無差別級王座戦は王者・秋山にHARASHIMAが挑む。3度目の防衛戦となる秋山は「とにかくいい試合をして、DDTの試合はこういうもんなんだってこともやっぱり見せていきたいと思いますし。何よりCyberFightがこれからどんどん上にいけるように、チャンピオンとして責任もってこのタイトルマッチを務めたい」と王者の責務を果たすつもりだ。

 HARASHIMAとはシングル初対決。「DDTのアイコンの一人。試合の中で負けちゃいけないとかね、そういう強い部分が凄く出てくる選手で、僕もこういう選手は好き」と評した秋山は「DDTってどうしても面白いとか楽しいとか、ファニーな部分が強調されると思うんですけど、彼とならガッチリしたプロレス、魅せるプロレスができるんじゃないか」と確信している。

 KO-D戦はトリプルメイン第2試合に位置付けられた。が、秋山に試合順へのこだわりはなく、「いつもその日一番の試合をしてやろう、食ってやろうとずっと昔から思ってた」とのスタンスは変わらない。6・6さいたまSA大会も同様で、最終試合となったGHC戦「武藤vs丸藤」を強く意識し、「もちろん“メイン"にプレッシャーを与えられるような試合をしたいなと思ってますし。それには僕だけじゃなく、隣にいるHARASHIMA選手の力ももちろん必要ですし。とにかく、これがプロレスだというような試合をしたい」と宣言した。

 KO-D王座10度の最多戴冠記録を持つHARASHIMAは、昨年1月に田中将斗に敗れ、第73代王者から陥落以来、1年5ヵ月ぶりの返り咲きを狙う。同王座の最多防衛記録V27も樹立しており、いってみれば“ミスターKO-D"のHARASHIMAは6・6さいたまSA大会を「DDT最大のビッグマッチ」と定めた。

 そのDDTのビッグマッチにおいて常にメインを張ってきたのがKO-D戦。それが今回、トリプルメインの2番目、実質上のセミファイナルに据えられた。「その中で僕は一番最高の試合をすればいいと思ってます」としたものの、「今回、GHCヘビー、KO-D無差別に出る、自分以外の3選手は全日本プロレス、新日本プロレス、ノアというメジャー団体で素晴らしい実績を残してきています。僕はプロレス界に入った道から何から全然違いますけど、だからこそ、そこには負けたくなくて」と対抗意識を隠さない。

 DDT一筋で今年2月にデビュー20周年を迎えた。「秋山選手は竹下、遠藤、樋口、ディーノ。たくさんの選手に勝ってきてる、本当に強い選手。非常にうまいし、本当に見せてない部分がまだまだある」と王者に一目を置く一方で、「DDTを昔から知る身として自分は絶対負けられない。DDTを昔からみているファンのためにも、この僕はしっかり結果を残したいと思います。結果を残します!」とDDT生え抜きの意地をむき出しに必勝を誓った。

 調印式における秋山、HARASHIMAのコメントは以下の通り。


【会見の模様】
▼HARASHIMA「DDTのHARASHIMAです。今回、GHCヘビー、KO-D無差別に出る、自分以外の3選手は全日本プロレス、新日本プロレス、ノアというメジャー団体で素晴らしい実績を残してきています。僕はプロレス界に入った道から何から全然違いますけど、だからこそ、そこには負けたくなくて、絶対勝ちたいと思ってます。あと秋山選手は竹下、遠藤、樋口、ディーノ。たくさんの選手に勝ってきてる、本当に強い選手です。DDTを昔から知る身として自分は絶対負けられないと思っています。あと、このCyber Fight Festival、僕の中ではDDT最大のビッグマッチだと思っているので、DDTを昔からみているファンのためにも、この僕はしっかり結果を残したいと思います。結果を残します!」

▼秋山「今回、DDTのアイコンの一人、HARASHIMA選手とやって勝ったら、何かDDT制圧みたいな感じになってますけど、僕も一応DDT所属なんで。もちろんHARASHIMA選手に勝つってことも大切なんですけど、とにかくいい試合をして、DDTの試合はこういうもんなんだってこともやっぱり見せていきたいと思いますし。何よりCyberFightがこれからどんどん上にいけるように、チャンピオンとして責任もってこのタイトルマッチを務めたいと思います。頑張ります」

――これまでタッグで戦ってきたがお互いの印象は?

▼HARASHIMA「秋山選手、何回も前哨戦当たってますけど、あとタッグのタイトルマッチでもやってますけど、非常にうまいし、本当に見せてない部分がまだまだある選手ですね。そういう印象があります」

▼秋山「見た目はこういうさわやかな、いつも笑顔のジェントルマンですけど、試合の中になると、わりとそういう部分がなく、負けちゃいけないとかね、そういう強い部分が凄く出てくる選手で、僕もこういう選手は好きなんで。DDTってどうしても面白いとか楽しいとか、ファニーな部分が強調されると思うんですけど、彼とならガッチリしたプロレス、魅せるプロレスができるんじゃないかと思ってます」

――体格差があるが気にする部分はある?

▼HARASHIMA「やっぱりサイズの違いは感じます。身長、体重、あとなんですかね。骨太さというか、サイズ感の違いは感じますけど、自分はそういう大きい相手ともいっぱい戦ってきてるので、攻め方はいくらでもあるし、相手が大きくて強い分、僕はガッチリ技をやりにいくだけです」

▼秋山「やっててそんなに体格差を感じる…HARASHIMA選手に限って言えば、そんなにちっさいなとか、そういう感覚はないですね。もちろん、そう感じる選手もいるんですけど、HARASHIMA選手に関してはそんなにないですね。たぶん彼が一つ一つのことを力強くやってきてるからだと思うんですけどね。いい勝負になると思います」

――トリプルタイトルマッチでGHCより先になったが納得している?

▼HARASHIMA「まずDDT最大のビッグマッチという捉え方をしていて、今までDDTのビッグマッチはKO-D無差別級のベルトが全ての大会でメインを務めてきています。今回はそうじゃないけれども、その中で僕は一番最高の試合をすればいいと思ってます」

▼秋山「僕、別に昔からメインがどうのこうのってそんなになく、ただ、いつもその日一番の試合をしてやろう、食ってやろうとずっと昔から思ってたんで、今回もそのつもりで。もちろん“メイン”にプレッシャーを与えられるような試合をしたいなと思ってますし。それには僕だけじゃなく、隣にいるHARASHIMA選手の力ももちろん必要ですし。とにかく、これがプロレスだというような試合をしたいなと思ってます」

――3大タイトルマッチと言われる中でKO-DがGHCを乗り越えるチャンスだが?

▼秋山「本当にKO-Dが乗り越えられるとなったら、たぶん僕じゃなくて、純粋にDDTから育った選手がチャンピオンになった時だと僕は思うんですね。形的にはいい試合して一番になったらそれはKO-Dがってなると思うんですけど、たぶんそうじゃないと思うんですね。って僕は思いますけど」