『Yogibo presents RIZIN.28』東京ドーム(2021年6月13日)
ライト級タイトルマッチ ○ホベルト・サトシ・ソウザvsトフィック・ムサエフ×

 ソウザが三角絞めで劇的な一本勝ち。6年間無敗のムサエフに土を付け、歓喜のライト級王座戴冠を果たした。

 柔術仕込みの寝技を武器に、RIZIN5戦4勝を誇る日系ブラジル人のソウザと、2015年から無敗を貫き、RIZINでも5戦5勝で、2019年のライト級トーナメントも制しているアゼルバイジャン出身のムサエフが初代RIZINライト級王座を懸けて対戦した。

 ソウザは2007年に来日し、静岡県浜松市に移住。ブラジル国歌ではなく、あえて『君が代』を選択して気合いを入れると、いきなり魅せた。ゴング直後にスピーディなタックルで突っ込む。ここでは冷静に切られたものの、なおもソウザは片足タックルでしつこく絡みつくと、こらえられても三角絞めで飛びついた。このチャンスを逃してなるものかと、抵抗するムサエフを絞めに絞めて劇的一本勝ちを手にした。

 6年間無敗を誇るムサエフを下し、ソウザが初代RIZINライト級王者に。日本語で「ホントウニウレシイ」と喜びを爆発させた。