『WRESTLE GRAND SLAM in METLIFE DOME』埼玉・メットライフドーム(2021年9月4日)
スペシャルシングルマッチ ○ジェフ・コブvsオカダ・カズチカ×

 コブがオカダに雪辱。まさかの雪崩式ツアー・オブ・ジ・アイランドで圧巻の勝利を挙げ、レインメーカー狩りを果たした。

 オカダは7・25東京ドーム大会で技ありの丸め込みで因縁のコブに勝利。遺恨決着かと思われた。しかし、翌々日の後楽園大会で、帰国したと思われたコブがオカダを襲撃KO。再戦を要求した。オカダも受諾し、レインメーカーでの返り討ちを予告。しかし、前哨戦では連日コブがオカダのパートナーを叩き潰し、コブ有利の状況でメットライフドーム大会を迎えていた。

 序盤から積極的に仕掛けたオカダだったが、そのたびにコブは圧倒的なパワーを発揮し、軽々とぶん投げて流れを渡さない。腰をしつこく攻め立てると、オカダの悲鳴が何度も場内に響いた。

 劣勢が長時間続いたオカダは、レインメーカーにつなげるべく、DDTやマネークリップなどで首を攻めて反撃したものの、大一番で飛び出す鉄柵超えの場外フライングボディアタックをコブがキャッチ。そこから脅威のパワーで床直撃のブレーンバスターを繰り出した。オカダはリングアウト寸前になんとか滑り込んだものの、コブはオクラホマスタンピート、その場飛びムーンサルトプレスと追い討ちする。

 起死回生のプランチャも再びキャッチされてしまったオカダだったが、背後に不時着して九死に一生を得ると、場外DDTで決死の逆襲へ。ミサイルキック、前後からのドロップキック、ツームストンパイルドライバーと一気呵成にたたみかけ、マネークリップでも長時間絞め上げた。しかし、耐えきったコブは強引なパイルドライバーで真っ逆さま。両者大の字に。

 先に動いたコブはロープを掴んで抵抗するオカダの足を引っこ抜いて体を捕獲し、アスレチックプレックスを繰り出す。オカダはショットガンドロップキックで抵抗するも、コブはドロップキック、ツームストンパイルドライバーとあえて相手の得意技で応戦。アロハメーカーポーズから、レインメーカー式ツアー・オブ・ジ・アイランドの構えに。勝負を捨てないオカダはローリング式ラリアット、逆さ押さえ込みからのショートレンジラリアットで必死に抵抗。ドロップキック、旋回式式ツームストンで勝機を掴み、満を持してレインメーカーを狙った。

 その体を掴んでツアー・オブ・ジ・アイランドを仕掛けたコブは、しのがれて再びツームストンを狙われてもコーナー上に着地して回避。ならばとオカダは雪崩式ツームストンの構えに入るが、コブは振り払うと、まさかの雪崩式ツアー・オブ・ジ・アイランドを敢行した。そして、正調ツアー・オブ・ジ・アイランドでダメ押し。オカダから完璧な3カウントをもぎ取った。

 コブがドームでの敗戦からわずか1ヵ月半でオカダに雪辱。レインメーカーから完璧な勝利を挙げて、G1 CLIMAX前の大事な時期に大きなインパクトを残した。「これで雨は止んだ! これからは雲一つない青空を楽しめ! これも全てUNITED EMPIRE、アロハメーカー、ザ・ハチェット、そしてIMPERIAL UNIT、ジェフ・コブのおかげだ!」と季節外れの梅雨明け宣言をぶち上げたコブは、「変化を起こすには、一番上から始めるのが一番だ。だから、手っ取り早くレインメーカーから始末した! UNITED EMPIREが全てを乗っ取った今、変化はもうそこまできている」と意味深げに予告した。

 これまではオカダを「ヤングボーイ」扱いしてきたが、今宵は上から目線で「今日からもうお前を“ヤングボーイ"とは呼ばない。今日のお前の戦いは凱旋帰国して一人前になったレスラーそのものだった」と挑発的に評価。「オカダ、『G1』で俺と同じブロックになったら大変だぞ。別々のブロックでも決勝戦で俺と当たらないことを祈っておけ。次も同じ結果を与えてやる」と連勝まで予告した。

【コブの話】「ジャパン、どういたしまして! これで雨は止んだ! これからは雲一つない青空を楽しめ! これも全てUNITED EMPIRE、アロハメーカー、ザ・ハチェット、そしてIMPERIAL UNIT、ジェフ・コブのおかげだ! 単にロゴのカッコよさに惹かれてUNITED EMPIREに加入したわけじゃない。変化を求めていたからこのユニットを選んだ。ウィル・オスプレイ、グレート-O-カーン、アーロン・ヘナーレ、ジェフ・コブ、俺たち4人は今、改革を起こしている! 変化を起こすには、一番上から始めるのが一番だ。だから、手っ取り早くレインメーカーから始末した! UNITED EMPIREが全てを乗っ取った今、変化はもうそこまできている。ニュージャパンのロゴもライオンマークからキャッスル(城)に変える時が来た。現在の海外版の公式サイトはnjpw1972.comだが、今にUnitedEmpire2021(.com)に変わるだろう。オカダ、お前は頑張った。今日からもうお前を“ヤングボーイ"とは呼ばない。今日のお前の戦いは凱旋帰国して一人前になったレスラーそのものだった。オカダ、『G1』で俺と同じブロックになったら大変だぞ。別々のブロックでも決勝戦で俺と当たらないことを祈っておけ。次も同じ結果を与えてやる。UNITED EMPIREが全てを制覇する!」

※オカダはノーコメント