『2021 SUPER DELUXE SERIES』神奈川・保土ヶ谷公会堂(2021年9月16日)
○フランシスコ・アキラ&青柳亮生&ライジングHAYATOvsTAJIRI&田村男児&ブラックめんそーれ×

 アキラがイタリアへ帰国前最後の試合に快勝。「もっといいレスラーになって、必ず戻ってくる」と再来日を誓った。

 2019年2月に全日本に初来日したアキラ。一時帰国したこともあったが、今日(こんにち)まで約2年間を日本で過ごし、全日本のリングで活躍してきた。その間、Jr.BATTLE OF GLORY優勝、世界ジュニア王座戴冠の実績も残してきたが、このほど母国・イタリアへの帰国を決意。この日、帰国前ラストマッチに臨んだ。

 亮生&HAYATOとのトリオでTAJIRI&めんそーれ&田村と対戦したアキラは躍動。トペスイシーダを放つと、次の瞬間、亮生とHAYATOがプランチャを同時に発射する場外連弾で流れを引き寄せた。Yutakaを阻止しためんそーれが丸め込みを連発し、ジャーマンで攻め込んだが、アキラは3カウントを許さず。亮生とHAYATOの援護射撃を受けて立て直すと、ハイキックからのYutakaで3カウントを奪った。

 アキラが帰国前最後の試合に快勝。試合後は日本のファンとの別れを惜しむように何度も手を振った。「日本で過ごした時間はベストで、信じられない出来事の連続だったよ。その中でジュニアトーナメントと世界ジュニアのチャンピオンになれた」とこの2年間を思い返したアキラは「僕はもっとハードなトレーニングを積んで、もっといいレスラーになって、必ず戻ってくる。ゼンニホンプロレス、ダイスキデス。ニホン、ダイスキデス。アリヴェデルチ」と再来日を約束し、全日本の仲間、ファンとの再会を誓っていた。

【試合後のアキラ&亮生&HAYATO】
▼アキラ「終わったね。(亮生とHAYATOに向かって)サンキュー・ベリー・マッチ、フレンド。ホントニアリガトウゴザイマシタ。日本で過ごした時間はベストで、信じられない出来事の連続だったよ。その中でジュニアトーナメントと世界ジュニアのチャンピオンになれた。僕はもっとハードなトレーニングを積んで、もっといいレスラーになって、必ず戻ってくる。ゼンニホンプロレス、ダイスキデス。ニホン、ダイスキデス。アリヴェデルチ」

▼亮生「アリヴェデルチ」

▼HAYATO「アリヴェデルチ」

▼アキラ「アリヴェデルチ、ゼンニホンプロレスファン、シー・ユー・アゲインネ」