『2021 SUPER DELUXE SERIES』最終戦 東京・後楽園ホール(2021年9月21日)
三冠ヘビー級選手権試合 ○ジェイク・リーvs諏訪魔×

 ジェイクが激闘の末に諏訪魔超えを果たし、三冠王座2度目の防衛に成功。10・16大田区大会で宮原迎撃が決定的となり、「今の全日本プロレスは俺だ」と豪語した。

 当初、ジェイクは6・26大田区大会で三冠王者・諏訪魔に挑戦する予定だったが、諏訪魔が新型コロナ感染による欠場で消滅。宮原、青柳との巴戦を制し、三冠ベルト初戴冠を果たした。

 あれから3ヵ月。その間、諏訪魔が王道トーナメントV3を達成し、この日、王者・ジェイクの前に立ちはだかった。立場を逆転させての仕切り直しとなったこの一戦。序盤からエンジン全開のせめぎ合いが繰り広げられた。諏訪魔がスリーパーで絞め上げれば、ジェイクはリング内外、エプロンでDDTを次々に決め、諏訪魔の爆弾である首を痛めつけた。

 だが、諏訪魔も場外戦で左ラリアットを振り抜いて逆襲。ダブルチョップ連打、ラリアットを叩き込まれてジェイクは防戦一方に追い込まれてしまう。諏訪魔はハイアングルの抱え込み式バックドロップ、ジャーマンと攻勢に出たが、ジェイクもレッグラリアットで意地の反撃。真っ向からの打撃戦をジャイアントキリングで制した。

 すかさずジェイクは高笑いとともにヒザ蹴りを猛連打。ランニングローキックで蹴り飛ばす。意地の諏訪魔もなりふり構わずジェイクを殴りまくり、ドロップキック、ジャーマン、ローリングラリアットで一気に押し戻す。さらにこだわりのバックドロップを連発して勝機を作った。

 バックドロップ10連発によるKOも見据えていた諏訪魔だが、3発目の岩石落としはジェイクが顔面へのヒザ蹴りで阻止。ハイキックとラリアットの打ち合いに競り勝って高角度バックドロップ、後頭部へのジャイアントキリングでたたみかけた。2発目のバックドロップを2カウントで返されても、D4Cでダメ押ししてようやく3カウントを奪った。

 激闘を制したジェイクが三冠王座V2を果たした。諏訪魔はプロレス界に導いてくれた恩人。その諏訪魔と至宝ベルトを争ったことをジェイクは「あの人が俺を全日本プロレスに引き込んだ時からこうなる運命だったんだ」と表現した。だからこそ、戴冠以来、初めて三冠ベルトをその腰に巻き、「やっと自分が納得した形でこのベルトを腰に巻くことができた」と言い切った。

 初めて三冠戦での諏訪魔超えを果たしたジェイクの次戦は今年2度目のビッグマッチとなる10・16大田区大会が濃厚となった。この日、セミファイナルでゼウスとの挑戦者決定戦を制した宮原が「いつの時代も主役は2人もいらねえんだ。どんな時代の全日本プロレスの歴史を遡っても主役は1人だ。申し訳ないがジェイク。今の時代は俺の時代だ」と宣戦布告したうえで、「舞台は10月16日大田区総合体育館だ。主役は俺だ」と指定。戴冠の地・大田区でのV3戦が事実上決まった。

 前回は巴戦で1試合消化したばかりの宮原と対決したが、今回は完全に1対1の状況で“主役"の座を争うことになる。「歴史はもう動き始めている。大きくな。俺がこれを獲った瞬間からだ」と断言したジェイクは「あいつは言った。主役は2人いらないと。そう俺も同じ気持ちだ。主役は1人でいい。1人で。俺がそれを証明する」と予告してみせた。

 「今の全日本プロレスは俺だ」。宮原と向き合いながらそう豪語したジェイク。ようやく手にした三冠ベルトと主役の座は最高男が相手であろうと断じて渡さない。

【試合後のジェイク】
▼ジェイク「ようやく自分自身が納得したうえで腰にベルトを巻くことができた。長い戦いだった。5月から延期になって、コロナにかかって返上して、立場変わって、王道(トーナメント)優勝して。前哨戦で5月から始まっているって俺は言ったけど、けど違うんだよ。もっと前から始まってたんだよ。あの人が俺を全日本プロレスに引き込んだ時からこうなる運命だったんだ。俺は結果を求めてよかったと思ってる。諏訪魔戦に関しては以上だ。もうこれ以上喋ろうとしたらすごく長くなってしまう。たぶんここにいる記者たちも、リング上に上がった宮原健斗、そいつのことを質問したいと思っているはずだ。質問してくれ」

――宮原選手が次の挑戦者に決まって、舞台を10・16大田区大会に指定していたが、ジェイク選手としては異論ない?

▼ジェイク「今日見てた彼の試合は挑戦者決定戦だろ? おのずと大田区という風になるのはわかってた。どっちか勝ったほうが来るとは思ってた。望むところだ」

――このベルトを獲った同じ場所で、若い世代同士の三冠戦をやる意義は大きいと思うが?

▼ジェイク「歴史はもう動き始めている。大きくな。俺がこれを獲った瞬間からだ。あいつは言った。主役は2人いらないと。そう俺も同じ気持ちだ。主役は1人でいい。1人で。俺がそれを証明する」