樋口和貞が28日、神奈川・横浜市内の坂口道場で「D王 GRAND PRIX 2021 II」(11・3大田区大会で開幕)へ向けて特訓。「Eruptionとしても、個人としても、今年こそD王を獲らなければという気持ちで臨みます」と初優勝にかける不退転の覚悟を口にした。

 D王GP開幕を6日後に迫ったこの日、樋口がEruptionの兄貴分・坂口征夫が見守る中、特訓を敢行した。まずは横浜市内の公園にあるS字カーブの坂道を何周もダッシュ。さらに階段を駆け上がったり、もも上げしたり、学生相撲出身でトレーニングパートナーを務めた石田有輝を抱え上げたりとハードなメニューを何回もこなした。

 同市内の坂口道場に移動すると、樋口は石田を相手に何度もぶちかましを繰り返し、下半身の強化に努めた。「前にヒザやって欠場したときにあれで鍛えられた。相撲以外のもう一つの原点を久々に教えられた。体力的にもきついけど、精神的にもくるものがあって。どれだけしんどいところから力を発揮できるか。いい特訓になりました」と充実感を漂わせた樋口に、厳しい目を光らせていた坂口も「肉体的にもだけど、D王は特にメンタル勝負だから。今日培われた」と太鼓判を押した。

 昨年は公式戦で秋山準を破る番狂わせを起こしたものの、あと一歩のところで優勝決定戦進出ならず。今年は何としてもブロック1位で通過したいところで、「それは、ずっと言ってることで。周りからも、そういうことは聞くんで。Eruptionとしても、個人としても、今年こそD王を獲らなければという気持ちで臨みます」と並々ならぬ決意を口にした。

 樋口が出場するBブロックはKO-D無差別級王者・竹下幸之介、KO-Dタッグ王者・HARASHIMA、クリス・ブルックス、MAO、岡林裕二と強豪揃い。「それは毎年いっしょだと思うんで。目の前の1試合1試合を全力でいかないと。先のことばかり見ても、目先のことで足をすくわれることもあると思うんで」と一戦入魂の構えの樋口は「まずは11・3大田区でのHARASHIMA戦に全力を傾けたい」と初戦白星を見据えていた。