まだ寒さは続きますが、何か春っぽいものをファッションに取り入れたくなりませんか?そんなときには、簡単に足元に明るさをプラスできる「春色スニーカー」がおすすめ!50代の等身大モデルのコーディネートで取り入れ方をご紹介します。

【コーデ1】「足元だけを春色にする」なら簡単!

【コーデ1】「足元だけを春色にする」なら簡単!

ツイード風ニットベストとデニムの着こなしの、足元だけを春色にするコーデ。紺と白のベーシックな色合いのコーデにくすみ系のやさしいピンク色のスニーカーをプラスするだけで、ぐっと春っぽい印象に。

全身で見ると靴の面積は少ないので、靴は、差し色をプラスするには挑戦しやすいアイテム。くすみ系の色なら、他のアイテムとも合わせやすいですよ。

手持ちのコーディネートに春色スニーカーをプラスするだけで簡単!ぜひチャレンジしてみてください。

【コーデ2】明るいトーンを組み合わせるだけ!ふんわり春色コーデ

【コーデ2】明るいトーンを組み合わせるだけ!ふんわり春色コーデ

ベージュのグラデーションや白、ピンクなどの同じトーンの淡い色でまとめたコーデは、ファション全体が明るくなり春っぽさを簡単に作れます。さらに足元にも軽やかな春色を取り入れると、全体のトーンが合って、より季節感が際立ちます。

ここで気になるのが、淡い色の組み合わせだと太って見えてしまうのではということ。

左の写真のようにストールで縦ラインを強調してみたり、右の写真のようにニットをパンツにインしてメリハリを付けたりと、ちょっとした工夫でスラっとバランスよく見せることができますよ。

【コーデ3】1アイテムを主役にした、思いっきり春色コーデ

【コーデ3】1アイテムを主役にした、思いっきり春色コーデ

濃いピンクなど強い春色アイテムを着る場合には、それだけで季節感は十分。その他のアイテムは、ホワイトやベージュなどのワントーンでまとめる引き算コーデがおすすめです。

アイボリーのスニーカーはインパクトの強いどんな色とも合わせやすく、足元にさりげなく明るさもプラスできて使い勝手がとてもいい便利アイテム。年中活躍頻度が高いので、一足持っておくと重宝しますよ。

関連記事

  • 服装タイプ別!50代が素敵に見えるスニーカーコーデ

取材・文=高村真希(ハルメク)