メガネには、自分の顔の形に似合うものがあるんです。 今回は顔の形別にメガネの最適な選び方、おすすめメガネをご紹介します!

50代!顔の形別に選びたいメガネのポイントをご紹介

機能性とデザイン性の高いメガネを展開する「Zoff(ゾフ)」と、日本の眼鏡職人が一本一本丁寧に作り出す、ビジョンメガネのオリジナルブランド「a.TOKYO(ア ポイント トーキョー)」のおすすめメガネもあわせてチェック!

【顔型別!似合うメガネ1】丸顔さん

顔の輪郭に丸みがあり柔らかい印象のため、「スクエア型」や「ウェリントン型」など、エッジの効いたシェイプのメガネを着用すると、顔のラインが引き締まってシャープな印象になりバランスよく決まります。

反対に、「ラウンド型」は顔の丸さが強調されてしまうため、あまり好ましくないといえるでしょう。縦幅より横幅の比率が高いため、天地幅が大きすぎるタイプは避けた方が無難です。

Zoff
Zoff SMART  -My color- 1万1100円(税込・セットレンズ代込)/Zoff(ゾフ)

こちらは、長時間の使用でも疲れにくい軽さを実現した「Zoff SMART(ゾフ・スマート)」のメガネ。フレームがしなやかなので、壊れにくく、フィット感も抜群です。女性の顔に合わせた小さめのサイズと、あえて厚みを持たせたフレームによって、レンズの厚みが目立ちにくいデザインとなっています。

a.TOKYO
1392-INO-2 2万3800円(税込)/a.TOKYO(ア ポイント トーキョー)

正面から見た時のリムの厚みを1.6mmの薄さに仕上げているため、かけるとスッキリ見えが叶います。また、フロントのアセテート生地を薄く仕上げ、テンプル(つる)にはチタン素材を使用しており、見た目だけでなく、軽さも実現しています。定番カラーなので、シーンを選ばずにオンでもオフでも使いやすいのがうれしい。

【顔型別!似合うメガネ2】面長さん

ほっそりとした縦幅の比率が高い顔のため、縦幅の広い「ボストン型」や「ウェリントン型」シェイプのフレームがおすすめ。メガネのサイズで面長を緩和してくれる効果が期待できます。

一方、縦幅が狭いフレームは面長を強調させてしまうので、「オーバル型」や「スクエア型」は避けた方がいいでしょう。

Zoff
Zoff CLASSIC 8800円(税込・セットレンズ代込)/Zoff(ゾフ)

フロント素材に軽量素材が使われているため、大変軽いかけ心地でストレスフリーで過ごせます。人気を集めているメタルテンプルとのコンビネーションフレームが、おしゃれな一本です。ブラウンのグラデーションカラーなので、肌なじみも◎。 

a.TOKYO
1392-KOU-BR 2万3800円(税込)/a.TOKYO(ア ポイント トーキョー)

少し癖のあるように見えるクラウンパント型ですが、丸とスクエアのいいとこどりをしたような形で、使いやすい型です。ブリッジにはキーホールが入っており、ヨロイに飾りパーツ、パッドはチタン製を使用したことで、高級感のある仕上がりとなっています。極力細い線にこだわり、ビジネスシーンでもかけやすい見た目です。

【顔型別!似合うメガネ3】三角顔さん・ひし形顔さん

フェイスラインがシャープな三角顔さんは、印象を和らげてくれる丸みのある「オーバル型」や「ボストン型」がぴったり。シャープなフェイスラインにシャープなメガネの組み合わせでは、三角顔を強調することになるので、丸みを帯びたデザインのものが似合います。

直線的なデザインの「スクエアタイプ」はフェイスラインを強調してしまうので、注意して。

Zoff
Women BASIC 8800円(税込・セットレンズ代込)/Zoff(ゾフ)

テンプルの先にあえて重みを増やすことで、バランスの良いかけ心地の一本。可能な限りフレームを細く、薄くすることで、シートタイプのメタル素材を使用しながらも、肌になじみやすいデザインに。女性の顔に合うような少し小さめのシェイプと曲線ラインで、優しいイメージを作り出してくれますよ。暖色系のカラーは、チーク効果で血色よく演出できます。

a.TOKYO
1392-MAMORU-2 2万3800円(税込)/a.TOKYO(ア ポイント トーキョー)

正面から見たときのリムの厚みを1.6mmの薄さに仕上げ、かけるとスッキリとした見た目になるのが特徴です。テンプルには彫金が施されており、軽やかなデザインながら高級感を演出してくれます。人気継続中のクリアカラーは、スタイリッシュな印象に導いてくれます。

【顔型別!似合うメガネ4】四角顔さん・ベース型顔さん

メリハリのあるフェイスラインなので、「ラウンド型」や「オーバル型」など、丸みのあるシェイプのメガネをかけることで柔らかさを演出できます。

四角顔さんはエラが張っている方が多いので、丸みデザインで緩和するのが◎。直線が強調されるメガネは避けた方が良いでしょう。

Zoff
Zoff SMART -My color- 1万1100円(税込・セットレンズ代込)/Zoff(ゾフ)

女性の顔に合わせた小さめのサイズと、あえて厚みを持たせたフレームにより、レンズの厚みが目立ちにくいデザインです。パーソナルカラーを基に配色した「Zoff SMART -My color-(ゾフ・スマート-マイカラー-」シリーズは、ご自身に合うカラーが見つかります。こちらのクリアピンクフレームは、主張しすぎず柔らかな印象で、マスクとの相性も抜群です。

a.TOKYO
1392-YU-GR 2万3800円(税込)/a.TOKYO(ア ポイント トーキョー)

ぽってりとした丸みのあるリムが特徴で、かけると柔らかい印象を与えてくれる一本。フロントの厚みや丸みに対して、テンプルはすっきりと細いチタン素材を使用しているため、見た目以上に軽いかけ心地です。男女ともにかけやすい玉型で、ジェンダーレスなカラー展開が特徴となっています。

手軽なWEB試着サービスを利用するのも便利

また、ビジョンメガネのサイト(※スマートフォン、タブレット端末のみ対応)では、バーチャル試着が可能です。自分の写真をアップロードしてメガネを選択するだけで、何度でもweb上で試着体験ができるサービス。

a.TOKYO

お客様の大半は、視力補正用にメガネを求めて来店しますが、店頭に並んでいるメガネフレームには度数が入っていません。そのため、実はお店で試着しても「似合っているか似合っていないか、ぼんやりして見えていない・よくわからない」とのご意見をいただくそう。そのような方や、「チャレンジしてみたいけどお店で試すのはちょっと恥ずかしい」という方が、客観的に自分に似合うメガネを見つけることができます。気になる方は、ぜひトライしてみてくださいね。

以上、メガネ選びの際に気を付けたいポイントと、顔の形別にメガネの最適な選び方、おすすめメガネをご紹介しました。ぜひ、参考にしていただけますとうれしいです!