手がこわばる、ペットボトルが開けにくいなど、手指のトラブルを抱えていませんか? ヘバーデン結節などは、隠れた国民病ともいえる症状。症状が改善しない場合、医療機関の受診をおすすめします。受診の目安や病院での治療法について解説します。

教えてくれたのは……池口良輔(いけぐち・りょうすけ)さん  

京都大学医学部附属病院リハビリテーション科准教授。1993年、京都大学医学部卒業。医学博士。静岡県立総合病院整形外科などを経て、2014年から現職。日本手外科学会認定専門医。共著に『手指の痛み・しびれ・はれ・変形 自力でよくなる!名医が教える最新1分体操大全』(文響社刊)。 

ヘバーデン結節・ブシャール結節

指の第1関節や第2関節にコブ(結節)ができ、腫れたり曲がったりする症状。詳しくは第1回目の記事をご覧ください。

 

受診の目安  

痛みや腫れが強い場合は、整形外科や手外科で診てもらいましょう。放っておくと指の変形が進む危険があります。

またヘバーデン結節では第1関節の近くに「粘液嚢腫(のうしゅ)」と呼ばれる水ぶくれのようなふくらみができることが。「破れて細菌感染を起こしたり、爪の変形を招いたりしますから、これがある人も受診を」と池口さん。  

第1関節付近にできる水ぶくれのような粘液嚢腫は、受診のサイン。

治療法 

テーピングで関節を固定し、必要なら鎮痛薬を服用します。手の変形に対しては日帰り手術も。「傷が目立たないようしわに沿って切開し、変形によって生じた骨のトゲなどを切除して指をまっすぐにします」(池口さん)。手術は20分程度で、健康保険も利きます。 

手根管症候群

手首にある手根管というトンネル状の空間を通る神経が圧迫されて起こる痛みやしびれの症状。詳しくは第1回目の記事をご覧ください。

受診の目安

「ボタンの留め外しがしにくくなった、夜寝ているときに手のしびれや痛みで目が覚めるという人は受診した方がいい」と池口さんは話します。

治療法

まずはスプリントと呼ばれる装具で手首を固定し、安静に保ちます。就寝時にも装着します。また消炎鎮痛薬や神経の機能を回復させるビタミンB12なども処方。

それでも痛みやしびれが治まらない場合は、神経の痛みを和らげる薬を用いたり、局所麻酔薬とステロイド薬を手首に直接注射したりします。神経の圧迫を取り除く手術を検討することもあります。

「ばね指」の  症状がある人もなるべく受診を 

指を伸ばすときにカクンと引っかかったり、バネのように指が弾けたりするのが「ばね指」。腱鞘炎が悪化した状態で、指の付け根に腫れや圧痛も伴います。

放置すると指の関節がこわばって治療が難しくなりますから、早めに受診を。手指の安静や装具による固定、痛みを和らげる薬や注射などで治療します。

知っていますか?「手のお医者さん」

手の怪我や病気を専門に治療するのが、「手外科」。日本手外科学会のサイトには、全国の手外科専門医の名簿が載っていますので、参考に。

全5回にわたって紹介してきた、手指トラブルの予防と対策。今回紹介した簡単なセルフケアや病院での治療で、健やかな手指を取り戻しましょう。

取材・文=佐田節子 イラストレーション=コウゼンアヤコ 構成=大矢詠美(ハルメク編集部)

※この記事は雑誌「ハルメク」2021年12月号を再編集、掲載しています。