知っていると一目置かれる、ちょっと差がつく四字熟語をご紹介!今回は出会いや別れの季節、新生活の時期寄り添う四字熟語をご紹介します。さあ、脳トレスタート!

【〇縁〇縁】いろいろな出会いがあります

一つ目にご紹介するのはこちら。

「〇縁〇縁」

〇縁〇縁

〇縁〇縁の意味を『広辞苑』で見てみると

人の交わりには自ずから気心の合う合わないがあるが、それもみな不思議な縁によるものであるという意。

と書かれています。合う縁と合わない縁があるというのがヒント。

正解は……?

「合縁奇縁」

合縁奇縁

「あいえんきえん」と読みます。

気心が合ったり合わなかったり、いろいろな人との出会いがあるかもしれませんが、それもまた一つの縁だということですね。

【〇〇結契】せっかくならいい影響を受けたいもの

続いてのクイズはこちらです。

「〇〇結契」

〇〇結契

よい影響をもたらしてくれる才能あふれる人との付き合いのこと。

〇には、どちらも植物の名前が入ります。いずれも香りのよい植物なのでそれが賢者との交わりを表現しているというわけですね。

わかりましたか?正解はこちら!

「芝蘭結契」

芝蘭結契

「しらんけっけい(しらんけっかい)」と読みます。

「芝蘭」は『広辞苑』によると

(芝は瑞草、蘭は香草)霊芝と蘭ふじばかま。かおりのよい草。すぐれたものにたとえる。

と書かれています。


時節柄、いい出会いがありますよう、そんな思いを込めて今回はこちらをご紹介しました。芝蘭結契ができる相手と出会うのはもちろん、相手にとっても自分が芝蘭結契となるような付き合いであると理想的ですね。


文=古田綾子 編集=鳥居 史(ハルメクWEB)