リモートワークで一息入れるときに欠かせないのがおやつ。せっかくなら全国から絶品おやつをお取り寄せしませんか?今回は関東エリアのお取り寄せおやつをピックアップ。

1.〈大三萬年堂HANARE〉の「あずきとかかお」シリーズ/東京

チョコレートとあんこって合うの?と思われる方も多いかと思いますが、実はとっても相性が良いのです!チョコレートのカカオもあんこの小豆も同じく「豆」からできているのも理由の1つ。〈大三萬年堂HANARE〉の「あずきとかかお」シリーズはお取り寄せスイーツ人気No.1です!2日間かけて手作りした秘伝のあんことカカオ58%のべルギー産高級チョコレートをあわせた濃厚な“ちょこ餡”が層になって入っています。あんことチョコレートの濃厚な味わいに、柚子や苺のほど良い酸味がアクセントに。冷やして食べると深みのある大人なガトー、常温で食べると濃厚なテリーヌ。冷やし方によって味わいが変化するのも楽しいです。

(photo,text : Reika Yasuhara)

2.〈鎌倉レ・ザンジュ〉のプティ・フール・サレ/神奈川

こちらは塩味のクッキー。ゲランド塩を使用したほどよい塩気と、ほのかな甘みのバランスが後を引くおいしさです。バジル、トマト、チーズといった香りとコクが心地よい味のラインナップは、ワインやシングルモルトとも相性。1,944円(税込)(鎌倉レ・ザンジュ 0466-49-3180)/小野寺悦子さん

・小野寺悦子(おのでら・えつこ)/編集プロダクションを経て、2001年よりフリーライターとして活動。好物は焼菓子。主食は菓子パン+おやつの日々を送る無類のスイーツ好き。

(Hanako1191号掲載/photo : Keiko Nakajima, Masumi Ishida,Hiromi Kurokawa, Natsumi Kakuto illustration : Kotaro Numata text : Momoka Oba, Rio Hirai, Makoto Tozuka, Ami Hanashima edit : Rio Hirai)

3.〈せんねんの木 patisserie〉の「とろなまチョコ」/千葉

〈せんねんの木〉自慢の、農林水産大臣賞受賞の新鮮なプレミアムエッグをふんだんに使用した、ふっくら濃厚バウムクーヘン「せんねん輪うむ」。「とろなまバウムクーヘン」シリーズは、そんな「せんねん輪うむ」と季節の特製スイーツを絶妙な黄金比で合わせた、新しいバウムクーヘンです。

商品は冷凍便で届きます。冷蔵庫で一時間解凍してから食べればとろっとした口どけを楽しめ、冷凍のままで食べればアイスケーキのように食べられます。
「とろなまチョコ」はコーティングされたチョコレートに光沢感があって、見た目もうっとりするくらい美しいです。食べてみると濃厚でビターなチョコレートムースと、しっとりとしたバウムクーヘンが合わさって、すごく高級感のある味わい!

〈せんねんの木 patisserie(君津店)〉
千葉県君津市南子安5-28-5
0439-29-7800
10:00〜18:00
月休
公式サイト

(photo,text: Emi Inagaki)

4.〈ビルミルク〉の「ミナスチーズ」/群馬

「ミナスチーズ」一個 1,060円

ブラジル出身のオーナーさんが牧場直送の新鮮なミルクで作っているチーズです。ブラジルでは朝食に、このミナスチーズを食べるのが一般的なんだとか。ちなみに製造元の群馬県大泉町はブラジルからの移住者が多く、日本のブラジルと呼ばれているのだそう。

加熱しても溶けてしまうことなく、ふんわりしたはんぺんのような状態です。
ひとくち食べると、凝縮されてミルクの旨味と、優しい甘さが口いっぱいに広がります。食感はフワフワ、サクサクしてて日本のチーズとは全然違う!

(photo&text:Kaori Manabe)

5.〈ナカダのパン〉の「桜あんぱん」/栃木

栃木県南西に位置する佐野市の名物パンには、上こしあんがたっぷり詰まっている。パンにのせられた桜の花と、一袋に1 枚添えられている桜の葉の塩漬けがいい香り。みんなで分け合えて、手土産としても大人気の5個入りは、770円。

(Hanako1128号掲載/photo : Yuko Moriyama text : Miki Konno)

※配送料は商品やエリアにより異なる場合があります。