吉祥寺にはテイクアウトができるお店がたくさん! 家で楽しむのはもちろん、近くの公園でピクニックもいいかも。さて、あなたは何が食べたい?今回は、テイクアウトしたいアジアンフードをご紹介します。実は吉祥寺はアジアンフードの激戦区。野菜やスパイスを使っているものが多いこともあって、美容と健康を意識する人に大人気。

1.〈WORLD BREAKFAST ALLDAY 吉祥寺店〉の台湾の朝ごはん

「台湾の朝ごはん」1,500円。ほかはアメリカとタイの朝ごはんがレギュラーメニュー。

「世界の朝ごはん」がテーマのこの店では、3種類のレギュラーメニューと2カ月ごとに変わる限定メニューを提供。どれもテイクアウトが可能だ。レギュラーメニューの「台湾の朝ごはん」は、ハムとチーズが入った卵焼きのダンピン、豆乳のスープ、具だくさんの餅米のおにぎりがセット。朝じゃなくてもオーダーが可能。

フードはオープンキッチンで手作り。海外の調味料も販売している。

〈WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールドブレックファストオールデイ)吉祥寺店〉
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-2-102
0422- 27-6582
7:00〜20:00(19:30LO)*不定休
16席

2.〈ダパイダン105 吉祥寺店〉の小籠包&唐揚げ

「焼き小籠包」4個500円、6個750円、「台湾唐揚げ」4個650円(各税込)。

2020年12月、ハモニカ横丁内にオープン。台湾の夜市をイメージした店舗で、イートインもテイクアウトもできる。手作りの「焼き小籠包」は、カリッと焼けた皮からあふれる肉汁がたまらない。

〈ダパイダン105 吉祥寺店〉
アイスクリーム以外はすべて持ち帰り可能。
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3 ハモニカ横丁
0422-23-6088
11:00〜23:00(22:30LO)*無休
44席

3.〈台湾茶藝館 月和茶〉の魯肉飯&豆花

魯肉飯850円と豆花750円(各税込)。どちらも店で手作りしている。

吉祥寺で台湾フードといえば〈月和茶〉。台湾人のオーナーが20年以上営む、台湾料理やスイーツが食べられるカフェだ。人気の魯ルーローハン肉飯や豆トウファ花(冷たい豆花のみ)などが持ち帰りできる。

〈台湾茶藝館(ゆえふうちゃ)月和茶〉
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-28 大住ビル2F
0422-77-0554
11:30〜18:00(17:00LO)、土日祝11:30〜19:00(18:00LO)*火休
50席

4.〈アムリタ食堂〉のグリーンカレー1,100円

濃厚なココナッツミルクの香りと、具材がゴロゴロ入った看板メニューのグリーンカレー。本場屋台出身の味をご自宅で。

〈アムリタ食堂〉
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 1F
0422-23-1112
ランチ11:30〜14:50LO *無休
60席

5.〈ベトナムフレンチ デサリータ〉の「パイナップルチャーハン弁当」

1,050円(税込)

パイナップルチャーハンが入ったミックス弁当。

〈ベトナムフレンチ デサリータ〉
東京都武蔵野市御殿山1-2-1 吉祥寺御殿山デュープレックスリズ 1F
050-5595-6921
ランチ11:30〜15:00(14:30LO)、カフェ15:00〜17:00、ディナー17:00〜20:00 *年末年始休
48席

6.〈ど韓〉のキムチチゲ

1,060円(税込)

本格韓国料理店の酸味の効いたキムチチゲ。汁漏れの心配なく安心して持ち帰れるよう袋に入れてくれるのが。豊富なメニューがテイクアウト可能。

〈ど韓〉
東京都武蔵野市吉祥寺本町1 -8-12F
050-5868-2534
11:30〜24:00 *無休
36席

7.〈チョップスティックス 吉祥寺店〉の バインミー

680円(税込)

現地人直伝の具材を挟んだこだわりのバインミー。

〈チョップスティックス 吉祥寺店〉
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-4 日得ビル 1F
050-5890-7902
平日11:30〜14:30LO、17:00〜19:45LO、土日祝11:30〜19:45LO*無休(臨時休業・年末年始を除く)
18席

(Hanako CITYGUIDE「クセになる、吉祥寺。」掲載/photo : Yoko Tajiri, Makoto Kujiraoka text : Yukako Izumi)