日本では小学校・中学校での教育は無償で受けられると定められていますが、公立の小学校と言っても、すべてのことにお金がかからないわけではありません。トータルで見ると意外と出費がありますので注意が必要です。

公立小学校でも実はかなりの出費がある!

日本では小学校・中学校での教育は無償で受けられると定められています。しかし、公立の小学校に通わせると言っても、まったくお金がかからないわけではありません。トータルでみると意外と出費があるため注意が必要です。

公立・私立小学校の費用の内訳

平成30年に行われた調査によると、小学校1年間にかかる学費の平均費用は、公立が約32万円、私立は約160万円です。学費のうち、給食にかかる費用は同じくらいですが、学校教育費、学校外で活動費で大きく差があります。

学年ごとの費用の内訳

小学校の学年別にかかった学費の平均値を見ると、公立の場合、もっとも多いのが6年生で約37万円、その次に1年生で約35万円、もっとも少ないのが2年生で約26万円となっています。これは最終学年である6年生は修学旅行があることや、学校外の塾などで費用がかさむこと、最初の学年である1年生は、新しく入学することで、学用品などの諸経費がかかることが考えられます。

学費には地域差がある

小学校の学費は、全国どこでも同じというわけではないようです。人口が多いエリアの小学生の方が、少ないエリアと比べると、習い事や塾など、学校外教育費が高いと言われています。人口が多い大都市圏の方が世帯収入が高かったり、中学受験をする児童が多かったり、習い事の選択肢が多い等、学校外教育が盛んであることが原因として挙げられます。

公立小学校の場合の月々の出費は約1万円未満

公立の学校でかかってくる出費は、平均で1万円未満だと言われています。具体的にどういった費用がかかるのか、不安がある場合には制度などを確認しておきましょう。

絵の具セットなどの学用品などその都度出費がある

毎月必要となる諸経費はおおよそ決まった金額という小学校が多いですが、絵具セットや鍵盤ハーモニカなどの楽器類、書道道具、水着など、学習内容に合わせて必要とされる用具類は、その都度出費があります。

家庭によっては学童費用がかかることも

共働き家庭など、ご家庭の事情によっては、下校時から預かってもらえる学校や民間の学童クラブや、ファミリーサポートなどの費用がかかることもあり、大きな出費となることもあります。

お金に不安のある方は支援制度も

さまざまな事情で金銭面に不安がある場合には、自治体などが行っている支援制度を活用することもできます。各自治体による制度は、世帯収入や家族構成によって受けられます。入学時に必要となる費用を実費で支給されたり、無利子で貸し付けてもらえたりなど、内容はいろいろです。あらかじめ就学援助制度を調べておきましょう。

学費の出費に備えて計画的に準備していこう

公立小学校に通わせていても、意外と出費がかさんでしまいがちです。ご家庭の事情や、地域によっても必要な金額が変わります。事前に情報を集め、必要な費用を計算しておくことで、突然の出費にも対応しやすくなるでしょう。