今夏もかなりの暑さを連日記録しています。外出の時間を調整して、なるべく強い日差しを避けたいですよね。東京ミッドタウンの夏イベント「MIDTOWN ART PALETTE」は、日が落ちてくる16時頃から行くのがおすすめ。その見どころをご紹介します。

ひんやりとした霧につつまれた縁側に座ってデジタル花火体験

緑に囲まれた東京ミッドタウンの芝生広場は、都心のなかにあって豊かな芝生の上で遊べる人気スポット。こちらに期間限定でに枯山水をモチーフにした巨大なデジタルアート庭園が出現中。周囲が縁側のようにござ席に座れるようになっていて、ひんやりとした霧に包まれたひと時を過ごすことができます。15時からは風によって変わる霧の表情を楽しみ、夜18時になると庭園内に花火や砂紋をイメージした光のデジタルアートが始まります。

東京ミッドタウン ガレリア2階からつながる通路から芝生広場につながるブリッジの上からが、庭園全体が見渡せるおすすめの撮影スポット。

こちらの庭園は2021年7月16日(金)から9月5日(日)までの期間限定で開催中です。

ブリッジの上からデジタルアート庭園を見下ろすとこんな感じです。
足をぶらぶら解放しながら座って涼むと都心にいるのをふと忘れてしまいそう。
夜になるとぐっと雰囲気が変わります。
花火を見下ろしながらの夕涼みいかがですか?

緑の中でアートを楽しむ屋外ラウンジ「MIDPARK ART LOUNGE」

毎シーズンさまざまなテーマで開催されて人気のミッドタウン・ガーデンのイベント。 9月5日(日)まで の期間は、 色とりどりのアート提灯を眺めながら創意あふれるデザインのフードやドリンクが楽しめる 屋外ラウンジ「MIDPARK ART LOUNGE」が見どころです。

なかでも、芝生を模したソファー席は人気が集まりそう。こちらの利用はフードをオーダーした方のみとなっています。

人工芝で作られているのですが、座ってみると包み込まれる感じがします。

フードやドリンクは日本の夏の様々なシーンをモチーフにしたものを取り揃えています。器も食べられる素材にすることで、ごみの削減にも配慮したエディブルかき氷や、ノンアルコールなのにそれを感じさせない飲みごたえがあるモクテルなど、最新のフードトレンドも体験できます。

マスカルポーネのかき氷 「ほうじ茶&焼きとうもろこし」(写真手前)、「いちご&紫芋」(写真奥) 各1250円 (税込)

鮎dog 1000円(税込) ドーンと一尾の鮎にくぎ付けです。
MIDPARK 金魚 モクテル 1000円(税込) 氷と金魚、涼しげなビジュアル。

MIDPARK ART LOUNGE
営業時間:<平日>16:00〜20:00 (ラストオーダー19:30)
     <土日祝・振休>12:00〜20:00 (ラストオーダー19:30)

※荒天時中止 ※予約不可
      ※お盆期間(8月13日(金)〜8月16日(月))は12:00オープン

     

いずれも緊急事態宣言下では開催時間などが変更になるなど、社会情勢によって実施が異なる場合もあります。詳しくは東京ミッドタウンのホームページを適宜ご確認してください。

東京ミッドタウン