愛情不足の子供は精神的に不安定になりやすく、大人になったときに社会生活に支障をきたすこともあります。

子供を育てるうえで心配になるママも多いかもしれませんね。そこで今回は、愛情不足の子供に共通する特徴や改善方法を紹介します。

愛情不足の子供にはどんな特徴がある?

愛情不足を感じている子供には、いくつか共通点があります。愛情不足の子供に共通点を紹介するので、該当する項目がないか確認してみましょう。

親の気を引こうとイタズラをする

愛情不足の子供は、親の気を引こうとイタズラをします。悪いことすれば、親が見てくれると理解しているのでしょう。共働きなど親が多忙で、子供に向き合う時間が少ない場合に見られる特徴です。

爪噛みや指しゃぶりが見られる

子供の中には、爪噛みや指しゃぶりが癖になっている子もいます。すべての子供が愛情不足を感じているわけではありませんが、やめる気配がない場合は、愛情不足を感じている可能性が高いです。

イヤイヤ期後もワガママが目立つ

愛情不足の子供は、ワガママを言うことが多いです。特に小さな子は自分の思いを言葉でうまく伝えられないので、もどかしい気持ちをワガママで表わします。イヤイヤ期を過ぎてもワガママが続く場合は、愛情不足を感じている可能性が高いです。

言うことを聞かず癇癪を起こす

ワガママから泣き叫んだり怒ったりなど、癇癪に繋がることがあります。自分の思いが親にうまく伝わらないことに苛立ちを感じているのです。子供の気持ちに寄り添ってあげることが必要でしょう。

おねしょが改善されない

「叱られた」「怖い思いをした」など、子供は精神的な負荷がかかるとおねしょをします。ただ日常的におねしょを繰り返す場合は、親の愛情不足で強いストレスを感じているのかもしれません。

愛情不足の子供を改善する方法3選

愛情不足を感じている子供は、親の愛情を確かめようとします。親が子供に接する態度や行動を少し変えるだけで、改善されることも多いです。愛情不足の子供を改善する方法を確認しましょう。

1.スキンシップで愛情表現する

子供に愛情を伝えるには、スキンシップをとることが大切です。親から抱きしめられるだけで心が満たされる子供も少なくありません。スキンシップで子供に愛情を伝えましょう。

2.子供の意思を尊重して抑圧しない

子供の意思を無視して、親の考えを押し付けることで愛情不足を感じることがあります。特に小さいときは心配で子供を抑圧する親もいますが、子供自身の意思を尊重してあげることが大切です。

3.学校の成績で子供を評価しない

子供の成長には個人差があります。学校の成績だけで子供自身を評価するのはやめましょう。「これでは親に愛されない」と思い込み、別のことで親の気を引こうとします。成績で評価せず、ありのままの子供を受け入れてあげましょう。

愛情不足の子供にはスキンシップで愛情を伝えよう!

子供は親からの愛情不足を感じると、イタズラをしたり癇癪を起こしたりします。これらの行動は単に親を困らせたいのではなく、子供が愛情不足を感じているサインです。

1日1回は抱きしめるなど、小まめなスキンシップで子供に愛情を伝えましょう。