夏の醍醐味といえば『怖い話』ですが、キャンプでの心霊体験ってあまり聞かないかも……。疑問に思ったハピキャン編集部は、ハピキャンライターに向けて“アウトドアでの怖い話アンケート”を実施。すると、この夏、または過去に体験した思いのほか怖〜いお話が集まってしまいました……!ぜひこの秋のテント時間にゆっくりと音読してみてくださいね。

キャンプでの心霊体験をハピキャンライターに調査! 怖〜い話集まりました

夏の醍醐味といえば『怖い話』ですよね。普段から「外で寝泊りするキャンプの割に意外と心霊話を聞かないなぁ〜」などと思っていたハピキャン編集部・筒井は、軽い気持ちでハピキャンライターに向けてアンケートを実施。

実は怖い話が大の苦手な筆者は、アンケート結果を読んで後悔することになりました……。

今回は、キャンプ時にテントの中で楽しんでもらいたい「キャンプでの怖い話」を4つご紹介!

一人で静かに読むもよし、ご家族や仲間と一緒に声に出して読むもよし。

恐怖でトイレに行けなくなってしまってもハピキャン編集部は責任を取れませんのでご了承ください……!

怖い話その① 世界で一番◯◯が置かれた場所でキャンプをした体験

これは職場の上司に実際に起きた出来事です。

夏も終わり少し肌寒くなったころ、谷川岳へ登山に行きました。途中、テント泊も含めた1泊2日の日程です。

久しぶりの谷川岳登山ということもあり、楽しみを膨らませて当日を迎えました。登り始めると、紅葉が色ずき始めた山々の景色が美しく、立ち止まって写真を撮ったりしていると予定より工程が遅くなってしまいました。その結果、薄暗くなってからキャンプ地に到着することになってしまいました。

慌てて山小屋で受付を済ませてテントを張る場所を探しました。紅葉シーズンということもあり、同じくテント泊の人は多かったですが、何故かぽつんと平らな空き地が空いていました。辺りの暗闇に追われるようにそこへテントを張り、登山の疲れに促されて眠りにつきました。

夜が深まり、眠りも深くなったころ、和太鼓と金属音、笛の音が混じった祭囃子の様な音が聞こえてきて目が覚めました。

夢でも見ているのかと思い、寝袋に頭を潜り込ませて目を強く瞑りました。しかし、音はなり止むどころか同じリズムで鳴り続けています。

子供の頃、この音が苦手でした。楽しそうなのにどこ悲しげな、意味は説明できないけれど不安になる音が子供心に怖く感じていました。

そんな記憶が蘇ってしまうと、外を確認しようとテントから出ようにも、体が拒絶するように身動きが取れません。次第に近づいてくるように音が大きくなり、テントの目の前に囃子車が止まったように音が大きくなりました。お囃子の音と一緒に大勢の人間の声も聞こえきます。しかし、何か話しているはずなのにボソボソとした声で聞き取れません。このまま、幾分かの時を我慢していましたが、恐怖に耐えられなくなりできる限りの声で「助けて!」と叫びました。すると、テントがガサガサと揺らされ入口のファスナーがゆっくりと外から開けられました。

「こんなところにテントを張って寝ていてはダメだろう」

雨にうたれた様な寝汗を拭いながら寝袋から頭を出すと、山小屋の主人が立っていました。落ち着いて外を見渡すと山小屋の主人以外誰もいません。もちろん、聞こえてくる音は木々が風に揺れる音だけです。私が不思議そうにしていると、山小屋の主人はライトでテントの目の前に建てられていた看板を照らしました。

「使用禁止」

怒られながら、残りの夜は山小屋の中で過ごしました。山小屋の主人曰く、あそこは事故死体の仮置場とのこと。谷川岳は世界で一番人を殺めている山。その死体仮置場、言い換えれば世界で一番事故死体が置かれた場所で寝ていたのです。

私は怖くなって、山小屋の主人に祭囃子のことを話すことができませんでした。

翌日、帰路に向けて歩き出したところで足を滑らし、谷底へ落ちました。幸い、登山客が多かったこともあり、すぐに助けが入り命には別状ありませんでした。しかし、それからは山登りには行けなくなってしまいました。
皆さんも、テントを張る場所にはくれぐれも注意してください。例え、キャンプ場でも……。

(ライター:[松浦]さん)

なんと、世界で一番事故死体が置かれた場所をキャンプ地にしてしまった、という恐怖体験談でした。

ご自身も滑落事故に遭ってしまったものの、幸い助けてもらって命に別状はなかったとのこと。前夜、山小屋の管理人さんに助けてもらったことが関係あるのでしょうか……。

調べてみると、群馬県・新潟県の境にある『谷川岳』は遭難事故死者数でギネス記録を持っているんだとか……。「魔の山」「人喰い山」「死の山」などの異名を持っています。

皆さんも登山でのキャンプ地選びには十分に注意してくださいね。

怖い話その② テントの周りに小人……? 謎の言葉を話す謎の生き物

今から2年前の夏に実際に体験した話です。

子供が夏休みということもあり、栃木県那須高原にあるとあるキャンプ場で土曜〜月曜の2泊3日のキャンプをすることになりました。

そのキャンプ場は広い敷地にもかかわらず、祝日は満員になる人気のキャンプ場。ファミリーで来られている方も多く、大変賑わっていました。

1日目は普段通り家族で楽しく過ごしました。
2日目になると、次の日が平日ということもあってか、昼過ぎには周りの人達はほとんどチェックアウトしてしまい、区画サイトでありながらも貸し切り状態な程ガラガラになりました。それでも私も子供達も「広々使えるからいいねぇ」なんて言いながら日中楽しくキャンプを満喫しました。

その日の夜。

家族は寝静まり、私も夜中の0時を回った辺りで寝床につきました。
それから少しすると

「ザク、、、ザク、、、ザク、、、ザク」

砂利を歩く足音で目が覚めました。
夜中の静まり返ったキャンプ場で足音が響き渡るのも珍しくはないですが、ただその日の夜は、周りに我々家族しかいなかったので少し違和感を感じながらも、私はそのままもう一度眠りにつきました。

それからどれ程時間が経過したか分かりませんが

「ザク、、、ザク、、、ザク、、、ザク」

また足音でふと目が覚めました。
「また誰か歩いてるよ」と思い、目を閉じながら足音を耳で追っていると、ふとある事に気がづきました。

「なんかだんだんこっちに近づいてない?」

誰かトイレに行ったのかなと、一瞬目を開けて隣を確認しましたが、妻も子供も寝ていました。もう一度目を閉じて足音を耳で追うと

「ザク、、、ザク、、、ザク、、、ザク、、、」

その足音はさらに私達のテントに近づいていて、気が付いた時には私達のテントの周りをゆっくりと歩いていました。

私は目を閉じたまま「こんな時間に他人のテントの周り歩く人ってヤバくない?」と思いながらも、その不気味さに目を開けることはできず、そのままじっと耳を澄ましていると、さらに不思議な事に気が付きました。

それは、テントの周りを歩いている足音が明らかに小さいんです。

例えるならば20cm位の人間?小人?、、、本来なら小動物だろうと考えますが、その足音のリズムは明らかに二足歩行でした。

その何か?は、走ったり止まったりしては私達のテントを何周かした後、私が寝ている頭のすぐ真横にピタッと立ち止まりました。

「うわー、、すぐそこに何かいるよ、、、」

その瞬間、私は一瞬にして全身に鳥肌が立ちました。

テントを一枚挟んだすぐ横に何かがいる。その気配をはっきりと感じた私は、そのまま息を潜め、目を閉じたまま動くことができずにいると、今度は小さくもハッキリとしたヒソヒソ話が聞こえ始めました。

「ρΦζλψωПσξχйё」

話し声に聞こえるけど、日本語じゃない、機械音に近いけど機械音じゃない、今までに聞いたことがない声?音?が聞こえました。

「え?二人いるの?」そう思った時、隣で寝ていた娘が寝返りをうち、ガザガザっと音がしました。その瞬間「ザッザッザッザッ」と遠くの方へ走っていくのが分かりました。

ほっとした私は連日の疲れもあったせいかそのまますぐに眠りにつき、気が付いたら朝を迎えていました。

早く妻にも昨夜の出来事について聞いてみたかったんですが、子供達が怖がると思い、その日は黙っていました。

それから数日後、やはり気になったので妻にだけその話をしたら、「夜中にトイレには行ってないし、ぐっすり眠っていたからよく分からない」とのことでした。

結局あの足音と話声が何だったのか今でも分かりません。
ただあの時、私達のテントの周りを言葉を話す小さな生き物がいた事は間違いありません。

(ライター:[カノカン⁺@新宿キャンパー!])

テントの周りを、明らかに二足歩行で言葉を話す小人?のような生き物が歩き回るという恐怖体験でした。

よく都市伝説などで「小さいおじさん」という話を耳にしますが、同じような感じなのでしょうか……。もしくは妖精の可能性もあるかもしれませんね。。。!

娘さんが寝返りをうたなかったら、どうなっていたのでしょうか……。考えるとゾッとしますね。

怖い話その③ キャンプ場での金縛り体験と守ってくれた不思議な光

数年前に、友達家族と一緒に行った秋キャンプでのことです。

私は年長・年少の2人の子どもと母子で参加。テントは家族ごとに貼っていました。

滞在したのは、とても開放的な芝生のフリーサイト。ファミリーキャンパーに人気のキャンプ場で、この日も多くの家族がキャンプに来ていました。私たちの周りにもたくさんのキャンパーがテントを貼っていましたので、この夜、怖い思いをするとは全く予想もしていませんでした。

その夜、私は母子でテント泊していて、幼児2人は昼間にたくさん遊んだせいかぐっすり熟睡していました。私は、真夜中にふと目覚めて、そこからなかなか眠れなくなったんですよね。周りのキャンパーさんもみんな寝静まっているようで、外はとても静かでした。

私が真っ暗なテントの中で、「早く眠気が来ますように〜」と祈りながらじっとしていると、なんだかすごく嫌な感じがしてきました。私は霊感が強めで、小さい頃から何度か心霊現象を体験しているのですが、心霊体験をするときは、決まってこの全身がぞっとするような重苦しい嫌な空気を感じるところから始まるんです。

「もしかして、なんか来るのかな?やだな……」と思っていると、急に金縛りが始まりました。これもお決まりのパターンです。

金縛りで身動きが取れないのですが、目を動かすことはできました。テントの中を見渡すと、ぐっすり眠っている子どもたちの平和そうな顔が見えるのですが、私にはただならぬ重苦しい嫌な空気がまとわりついていて、冷や汗をかき始めていました。

ほどなくして、我が家のテントに何者かがゆっくり歩いて近寄ってくる足音が聞こえ始めました。芝生サイトだったので、芝を「さく。。さく。。」と踏みしめる音です。音の感じからして、動物ではなく人間くらいの重量がありそうな音です。足の大きさも、動物のそれではなく人間の足だと感じました。

その足音は、私のテントのすぐ入り口まで近寄ってきて、その後、テントの周りを何周かグルグル歩いていました。その何者かが、テントの中をのぞいているような気がして、私は怖くなって目をぎゅーっと閉じました。その何者かがテントの中に入ってきたりしたら、、と考えるとより一層、恐怖が募ります。

「子どもたち、起きて〜!!!!もしくは!!ご先祖さま、助けて〜!!!」と心の中で強く念じていると、突然、眩しい光がテント全体を包みました。その瞬間に、テントの周りをウロウロしていた人の気配と、重苦しい嫌な空気がなくなり、同時に私の金縛りも解けていました。

あのとき、子どもたちは変わらずスースーと寝息を立ててぐっすり眠っていたので、きっとご先祖さまが助けに来てくれたんじゃないかなと私は思っています。

キャンプ場で怖い思いをしたのはそれ一回限り。そのキャンプ場には過去にも何度も行ったことがあり、この体験の後も訪れましたが、嫌な空気を感じることなく楽しく過ごせています。

私は体調がすぐれない時ほどそういう体験をしやすいのですが、そのキャンプの時、実は直前に病気で入院し退院後すぐだったので、霊の影響を受けやすい状態だったのかも、と振り返ります。

それ以降は、万全の体調じゃないときは、当たり前ですがゆっくり休んだ方が良いと肝に命じております。。。

(編集部・[森田亜矢子])

霊感の強い編集部、森田さん。このお話を聞かせてくださった時にも、「実は昨日も……」と、ご自宅で体験した心霊現象を教えてくれました。

やはり霊感の強い方はキャンプ場でも強く反応してしまうものなのでしょうか。ご自宅での恐怖体験はまたどこかの機会でご紹介できればと思います!(めちゃくちゃ怖いです!)

怖い話その④ テントを張ったのは「霊道」の真上でした

昔、連泊キャンプを楽しんでいた時のお話です。

初めて行ったキャンプ場での連泊キャンプ。なんとなく不安を感じる場所だったのですが、キャンプ場の端で人気(ひとけ)もなく、静かにキャンプができそうだと思い、その場所にテントを張ることにしました。

いつも通りキャンプを楽しんでいたのですが、2日連続で金縛りにあってしまいました。

慣れないキャンプ場での連泊だったので、落ち着かないからだろうと思っていたのですが、最終目の夜中、2時過ぎに目が覚めました。二度寝をしようとしたのですが、またしても金縛りに……。

するとその時、足元から何かが近寄って来るのを感じたんです。

とてつもない恐怖を感じ、目を閉じたまま、「早く時が過ぎてくれ……!」と願っていると、肩を思いっきり掴まれて仰向きにされ、得体のしれない何かが馬乗りになってきたんです。

その間、体感では10分(実際は1分程度だと思います)。寝たふりをしながら金縛りがとけるのを待ちました。

そのうちに金縛りはとけたのですが、極度の緊張と恐怖感で眠れなくなってしまい、朝まで起きていました。

翌日、着替えをするときに、右肩に人の手の形のアザを発見しました。前日着替えた時にはそんなところにアザはなかったので、間違いなく夜の間にできたものです。

そのアザは1週間、くっきりはっきり残り続けました。

よくありそうな話ですが、実体験です。

後日、霊感の強い知人にその話をしたところ、「ちょうどテントを張ってベッドを作った場所が霊道(霊の通る道)だったのかも」と言われました。

少しでも違和感を感じる場所はキャンプ地にしないことをおすすめします……!

(ライター:[うるふのまま])

キャンプはランダムに泊まる場所を選べるので、あまり良くない場所をキャンプ地にしてしまう危険性もあるのかもしれませんね。

『霊道』とは、浮遊霊や動物霊、不浄霊などの通り道とのことだそうで、「獣道」のようなものなんだそう。確かに道の上にテントを張ってしまったら、霊から怒られてしまいそうです……。

それにしても肩に手形のアザが残ってしまうなんて、、、恐怖過ぎます。
霊さんも「ちょっとどけてね〜」と一言声をかけてくれるくらいだと助かるんですけどね……。あ、その方が逆に怖いか。。

キャンプ中の心霊現象にお気をつけて……!

ハピキャンライターの皆さんが体験した心霊体験、いかがでしたか?

興味本位でアンケートを取ってしまった筆者は、次のキャンプの夜が怖くなってしまい、少しばかり後悔しています(笑)

皆さんのキャンプ中に、こわ〜い心霊現象が起こらないことを願っています……!

※ご紹介したエピソードは、ライターアンケートにご回答いただいた回答に編集を加え、事実を基に制作したフィクションです。

▼こちらの記事もチェック▼