キャンプ・アウトドア人気が高まる中、女子ソロキャンパーも続々と増えています。いざはじめようと思っても、テントのほかに必要なもの、あると便利な道具、場所の選び方などがわからず、不安なことも多いのでは? そこで、女子ソロキャンプをするときに知っておきたい基本、おすすめテント、楽しむコツまでまとめて伝授します。

女子ソロキャンプの基本の道具!最低限そろえるべき必要なものリストを紹介

ソロキャンプに興味はあるけれど、何から準備したらよいかわからない…。

そんなときは、気分が上がるキャンプギア探しからはじめるのがおすすめ。

気に入ったものを使うのも、ソロキャンプを楽しむコツです。

以下の道具は、ソロキャンプに行くときに最低限そろえておきたい必要なものリスト。初心者の方はぜひ参考にしてください!

【ソロキャンプの基本アイテム】

  • テント
  • 寝袋(シュラフ)
  • マット
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン
  • クーラーボックス
  • 調理器具(バーナー・クッカー・カトラリー)

さらに、移動の手段、キャンプに行くシーズン、好みのスタイルなどによって、上記のほかに必要になるものも。

シーズンや場所によっては、虫よけ・暑さ・寒さ対策グッズも不可欠です!

▼くわしくはこちらの記事で!

ここからは、女子ソロキャンプの基本、メイク、ファッション、防犯対策まで、女子ソロキャンプをするなら知っておきたい情報をまとめました!

ポイントをおさえて、安全で快適な女子ソロキャンプを楽しみましょう。

女子ソロキャンプの楽しみ方のコツ!自分らしさ全開のサイトづくり&自由な時間を満喫しよう

女子ソロキャンプのスタイルに決まった形はなく、すべてを自分でプロデュースできるのが最大の魅力。

先輩の女子ソロキャンパーさんは、女子1人ならではのキャンプを、次のように楽しんでいます。

  • サイトづくり
    テントでの居住スペースを自分らしいオリジナルレイアウトにする
  • アウトドアクッキング
    便利なバーナーを活用して手軽に調理&限られた食器でおいしそうに盛りつける
  • 自由時間
    日常生活で忙しくてやれないことや普段やらないことをする

トイレやお風呂といった衛生面が心配な女子には、「高規格キャンプ場」がおすすめ。

「高規格キャンプ場」は設備が整ったきれいなキャンプ場。初めてでも安心かつ快適に過ごせます。

ホテルやコテージなみのトイレやお風呂が完備されているので、女子ソロキャンプにもうってつけ。

▼くわしくはこちらの記事で!

愛用者イチオシ!女子ソロキャンプにおすすめのテント3選 テンマクデザイン・MSR・デカトロン

女子ソロキャンプで使うテントは、軽量・コンパクトサイズ・設営が簡単なタイプが便利。

ここでは、愛用者レビューとともに、おすすめのモデル3つを紹介します。

●tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)「PANDA(パンダ)」

tent-Mark DESIGNS(テンマクデザイン)の「PANDA(パンダ)」は、イラストレーターでアウトドアコーディネーターのこいしゆうかさんがプロデュースしたワンポールテントです。

設営が簡単なことに加え、軽量&コンパクトなサイズなので、持ち運びに便利。

初心者、ソロキャンパー、女子キャンパーにおすすめです。

【スペック】

  • 組立サイズ:フライシート…2,400×2,400×1,500mm、インナーテント…2,200×1,000×1,350mm
  • 収納サイズ:430×240×130mm
  • 重量:2,26kg
  • 耐水圧:1,500mm
  • 素材:フライシート…40Dリップストップナイロン(PUシリコンコーティング)、 インナーテント…68Dポリエステルタフタ(PUコーティング)
  • 付属品:ポール×1、張り網×4、ペグ×14、収納袋× 4

自転車でキャンプに行くときには、より軽量なパンダライトも便利。

▼くわしくはこちらの記事で!

●MSR(エムエスアール)「エリクサー2」

MSR(エムエスアール)の「エリクサー2」は、2人用のバックパッキングテント。

大人2人で使えるサイズなので、ソロキャンプで活用すれば、ゆったり快適に過ごせます。

付属のフットプリント(グランドシート)、フライシート、ポールのみでの設営も可能で、手軽に使えるのも魅力。

居住性、機能性、デザイン性、どれをとっても秀逸なモデルです。

【スペック】

  • 組立サイズ:フロア面積…2.69平方メートル、前室面積…2.22平方メートル、室内最大高…102cm
  • 収納サイズ:51×17cm
  • 重量:2,77kg
  • 耐水圧:フライシート…1,500mm、フロア…3,000mm
  • 素材:フライシート…68Dポリエステルリップストップ(ポリウレタン&DWRコーティング)、キャノピー…40Dリップストップナイロン(DWRコーティング)・20Dマイクロメッシュ、フロア…70Dナイロンタフタ(ポリウレタン&DWRコーティング)、ポール…7000シリーズアルミ
  • 付属品:フレーム一式、レインフライ、ステイク、フットプリント

▼くわしくはこちらの記事で!

●DECATHLON(デカトロン)・FORCLAZ(フォルクラ)「TREK 100 - 2人用」

DECATHLON(デカトロン)・FORCLAZ(フォルクラ)の「TREK 100 - 2人用」は、3シーズンに対応した2人用の自立式テント。

軽量、コンパクト、設営が簡単という、初心者や女子のソロキャンプにぴったりの条件を兼ね備えています。

税込み9,900円と、1万円をきるコスパの良さやデザイン性の高さも魅力。

【スペック】

  • 組立サイズ:床面積…縦210×横120cm、高さ…115cm(室内高105cm)
  • 収納サイズ:39×19×16cm(10L)
  • 重量:2.6kg
  • 耐水圧:フライシート…2,000mm、フロア部分…5,000mm
  • 素材:生地…100%ポリエステル(PES)、ポール…7001アルミニウム
  • 付属品:ポール×1、張り網×4、ペグ×14、収納袋× 4

▼くわしくはこちらの記事で!

そのほか、携帯性に優れた軽量テントのおすすめはこちらもチェックしてください!

▼ハピキャンライターおすすめ! 重量1〜3kg台の軽量テントはこちら!

【女子ソロキャンプの防犯対策】先輩キャンパーの対策例をご紹介!

アウトドアで開放的な気分にひたれるキャンプですが、忘れてはならないのが「防犯対策」。

特に女子ソロキャンプでは、すべてのことを1人でやらなければならない点と、女性1人で野宿することから、できる防犯対策はしっかり実践することが大切です。

先輩キャンパーさんが実践している防犯対策の例は、次の通り。

【防犯対策の具体例】

  • 安全そうなキャンプ場やサイトを選ぶ
  • 貴重品を身につける・そもそも持って行かない
  • 高価なギアをテント内にしまう
  • テントを離れるときは南京錠などで施錠する・人がいる気配を作る
  • 近隣のキャンパーさんにあいさつして、異変がないか気にかけあう
  • 番犬として愛犬を連れて行く
  • SNSへリアルタイム投稿をしない(居場所を特定されないようにする)
  • キャンプ保険・アウトドア保険に入る
  • 1人だと思われないようにする(ソロでもチェアを2つ用意する)
  • 小さい音でラジオを流す・モバイルスピーカーでお経を流す
  • 防犯ブザー・防犯カメラ(トレイルカメラ)・人感センサーライト・護身用ダミーナイフなどを活用する

普段から防犯意識を高めておくことも大切です!

キャンプ場については、例えば埼玉県の「[長瀞オートキャンプ場]」は女性専用サイトがあります。

このように女性に配慮があるキャンプ場や、ファミリーが多かったり、人気があったりするキャンプ場を選ぶのがポイント。

これからキャンプを始めるなら、ハピキャンライターである野あそび夫婦が運営する「[キャンプ民泊NONIWA]」もアリですよ!

▼防犯についてくわしくはこちらの記事で!

女子ソロキャンプでのメイク&スキンケア、みんなどうしてる?

女子ソロキャンプに行くときは、たとえ1人であっても、すっぴんではなく、最低限のメイクをするキャンパーさんが多いようです。

夏は強い日差し&紫外線による日焼け、冬は焚き火による乾燥などで、ノーメイクだとかえって肌にダメージを与える可能性も。

そのため、夏のキャンプメイクでは「日焼け止め」、冬は「保湿」を重視しましょう。

そのほか、落としやすいメイクにする、簡単にメイクオフできるクレンジングを使う、などもポイントです。

▼こちらの記事ではキャンプメイクのコツやおすすめ化粧品を詳しく紹介しています!

「最初から宿泊は不安…」「車じゃないとダメ?」女子ソロキャンプのお悩みに答えます!

女子ソロキャンプの基本や必要なものは理解したけれど、まだちょっぴり不安に思うこともあるのでは?

ここでは、女子ソロキャンプならではのお悩みにお答えします。

●【女子ソロキャンプのお悩み1】「最初から1人で宿泊できるか不安…」
→デイキャンプからはじめても◎

最初から1人でキャンプ場に泊まるのはハードルが高い…と感じた場合、日帰りのデイキャンプからはじめるのがおすすめ。

キャンプ場へ行って、お湯を沸かしてコーヒーを飲んだり、小さいグリルを使って炭火で調理をしたりするだけでもOK。

まずはソロキャンプを楽しむための一歩をふみ出して、少しずつステップアップしていきましょう。

キャンプ場の管理人さんやオーナーさんと顔見知りになっておくと、いざというときや、トラブルがあったときなどに頼れます!

▼くわしくはこちらの記事で!

●【女子ソロキャンプのお悩み2】「車以外で行く手段はある?」
→徒歩や電車でも行けます!

女子ソロキャンプに行くときに車があると便利そうだけど、免許や車を持っていない場合はどうすれば…。

そんなときは、必要な荷物をスーツケース1つにまとめて、「電車」+「徒歩」で移動するスタイルがおすすめ。

スーツケースを転がすだけなので、力がなくても荷物を楽に運べます。

移動時間を有効に使えるのも魅力。

▼「電車」+「徒歩」で行く『スーツケースキャンパー』スタイルでのソロキャンプに初挑戦した体験レポートはこちら!

1人だっておしゃれにきめたい! 女子ソロキャンプのおすすめファッション

女子1人で行くソロキャンプでも、やっぱりおしゃれは楽しみたいもの。

ここでは、シーズン別のファッションコーデや、普段使いもできるアウトドアブランドのおすすめを紹介します。

●防寒対策バッチリ&見た目もおしゃれ! ハピキャン編集部女性陣の冬キャンプファッションコーデをご紹介

まずは、キャンプ・アウトドアを愛するハピキャン編集部女性陣の冬ファッションをご紹介!

冬キャンプファッションコーデでの参考にしてくださいね。

▼くわしくはこちらの記事で!

●ハピキャンライターおすすめの春キャンプファッションコーデ! 寒暖差があるので調節しやすいものが◎

春は昼と夜の寒暖差が激しいシーズンなので、気候にあわせて調節しやすい服装がおすすめ。

メンズファッションを取り入れるのもおしゃれです。

▼くわしくはこちらの記事で!

●キャンプだけじゃもったいない! 普段使いもできるアウトドアファッションブランド3選をご紹介

アウトドアでも日常生活でも使えるファッションアイテムがほしい女子には、「チチカカ」「niko and…」「ロゴス」がおすすめです。

▼くわしくはこちらの記事で!

道具をそろえ&場所選びのポイントを押さえて、快適に女子ソロキャンプを楽しもう!

女子ソロキャンプは、衛生面や安全面などの不安から、なかなか1歩踏み出せない人もいるのでは?

先輩女子ソロキャンパーたちは、場所や道具選びを工夫したり、防犯対策を万全にしたりなどで、安全&快適に楽しんでいます。

初めての人は、設備が整った高規格キャンプ場を活用する選択肢もあり。デイキャンプで慣れていくのも良いですよね。

また、親しい友人とのデュオキャンプ、少人数のグループキャンプなどからはじめるのもおすすめです!

(ライター:hayase)

▼女子ソロキャンパーがゲスト回の「おぎやはぎのハピキャン」もチェック!